12月15日に世界190カ国で配信が開始したNetflixオリジナルドラマ僕だけがいない街」。

【写真を見る】はにかみ“キラースマイル”の古川雄輝にキュン!

本作はテレビアニメ化&映画化に続き、これが3度目の映像化となる。主演を務めるのは、ルックス&経歴共に“ハイスペック”な俳優として、日本のみならずアジアで絶大な人気を誇る古川雄輝だ。

2018年1月26日(金)公開の日韓合作映画「風の色」では主演かつ1人2役に挑戦し、さらに同3月には映画「曇天に笑う」の出演も控える古川。

そんな古川は「僕だけがいない街」で、その端正なルックスとは裏腹にちょっとさえない売れない漫画家・藤沼悟を演じる。

原作完結を迎えてから初めてのドラマ化を迎えることで、期待も高まる本作の見どころなどを古川に聞いた。

――まず主演が決まったときの率直な感想はいかがでしたか?

純粋にうれしかったですね。原作が有名なので知っていましたし、アニメも見ていました。世界190カ国に配信されるということで、いろいろな国の方々が見ていただける作品に出演できるということも純粋にうれしかったです。

――久々の連続ドラマ主演ですが、プレッシャーなどは感じていましたか?

プレッシャーはなく、それより楽しくやろうと思っていました。もちろん事務所の先輩・藤原竜也さんが演じた役柄だとか、漫画やアニメが映像化されるドラマだということで思うところはありますけど、そこでプレッシャーを感じていても仕方ないので。

それよりも対抗心じゃないですけど、よりいいものを作ろうと、みんなでやっていこうという思いの方が強かったです。

――他の映像化作品との差別化というより、“良いものを”という意識の方が強かったと。

そうですね。映画も拝見しましたが、映画との違いを作ろうということではなく、いい作品を作ろうと思いました。

アニメでも映画でも、先に作品があるとそれらを見た人たちは、必ずそのイメージがついてしまうと思うんです。

だから、それを超えるより、いいものを作ろうという思いでやらないと、アニメや映画のファンの方たちはこっちを受け入れることができないと思うんですよね。

そういう意味では、今回かなりドラマ版は原作に忠実に作っているので、そこの良さを感じていただきたいです。

あとは、Netflixならではの映画っぽい雰囲気や、4Kで撮っているので映像の美しさを感じ取っていただきたいなと思っています。

北海道にロケ行ったり、日本各地でもロケを行っていて、富士山とか桜とか…綺麗な映像が見られるので、世界190カ国で配信される海外の方が見たら、また日本の良さを見てもらえたりするのかなと思います。

――古川さん自身も地方ロケは多かったですか?

北海道ロケは行っていないんですよ。“リバイバル”した後(=北海道)は子役の撮影になるので、僕はなかったのですが、主人公の悟がどういう幼少期を送っていたのかと見学しに行きました。そうすることによって役作りに役立つのではないかと思いまして。

今回は他にも地方ロケが多かったですね。地方ロケの醍醐味(だいごみ)は、東京で撮影しているときよりもスタッフさんと飲みに行けること。

みんな撮影が終わった後、家に帰らないので。スタッフさんと飲みに行けることが1番楽しいんですよ。そこで関係が築けたりして、それがあるからこそお互い気持ち良く撮影できるんじゃないですかね。

――では、現場のスタッフさんはもちろん、監督とも信頼関係を築きながら撮影を進められたんですね!

僕、下山(天)監督とは以前映画(「L-エル-」)で1度ご一緒しているので、ちょっとした安心感がありました。撮影中、監督と1番話したのはどこまでナレーションをやるかということでした。映画版はナレーションがなくて、無言で何を考えているかを描いていて。今回ドラマ版は漫画に寄せている分、ナレーションを全部やっているんです。

そうなると1人での芝居が多いんですけど、独り言をあまりにも言っているとリアリティーがなくて…。漫画に寄せているとはいえ、リアリティーを持ってやりたい。

じゃあ、このセリフナレーションにしちゃいましょう、とか、これはセリフとして言っても不自然じゃないよね?とか、リアリティーを求めてナレーションとの兼ね合いを1番に監督と話し合いました。

――撮影が終わった今、あらためて悟という役をどう感じますか?

悟は普通の人ですよね。夢があるのに、うまくいってなくて…そういう人って世の中にはいっぱいいると思うんです。

そんな普通の主人公だからこそ“リバイバル”という現象に巻き込まれることによってストーリー展開が面白くなっていくと思っているので、演じ方もなるべく“普通”にしています。変に“芝居をしています”という感じにするのではなく、いかに普通にセリフがストンと出てくるようにできればいいなと思って演じていました。

――そんな普通である悟に共感できるポイントはありますか?

悟は、普段の自分のテンションやトーンには近い方ですね。年齢も近い役柄だったので。悩みを抱えているというのは誰しも共感できたりすることかなって。それで言うと(悟が)子供時代に“リバイバル”してからが、1番グッと来ていて。

――それはどういったところですか?

お芝居では小学5年生の子供に戻っているけど、頭の中は29歳なんですよね。その状態で普通に小学校に行って、友達がいて、懐かしいなぁって。その当時はそれが普通だけど、よくよくこの年になって考えるとすごく楽しい環境だったなって思うんですよ。

家に帰ったらお母さんみそ汁を作ってくれていて、それってやっぱりその当時は何とも思わないですけど、この年になって、そこにいざ戻ると「あー絶対、母親の飯うまいじゃん」って、この作品を見た人は一瞬小さい悟に戻った気分になって見てくれると思うんです。

そういうところは僕自身も感情移入できたところなので、みんなの共感を得られるんじゃないかなと思います。大人だからこそ、グッとくるものがありますよね。

――“リバイバル”という特殊なお芝居ですが、苦労などはありましたか?

リバイバルで1番難しいのは、後半戦にリバイバルすることによって記憶をなくす時期が出てくるんですよ。撮影の順番ってバラバラなので、「今は記憶をなくしている状態」「今はリバイバルをして徐々に記憶を戻している状態」とか、そういうのを細かく演じ分けないといけない。

そんなに大きな差はないんですけど、ちょっとそこを意識してやらないと表情なども変わってくるので、どこで今を何撮っているのかをちゃんと把握しないといけなかったんです。

「俺」って言っていたのが「僕」になるとか、細かい違いもあるので、そこがリバイバルでは難しいところですね。

――もし、ご自身が“リバイバル”できるとしたらいつごろに戻りたいですか?

主人公の悟が小学校5年生に戻るので、僕も小学校5年生がいいな。小さい頃の悟と同じで友達作るの苦手だな~という感じだったので、そうじゃなくて僕もクラスの人気者みたいな社交的な少年だったら、小・中学校がもっと楽しかっただろうなと…(笑)

――小学生時代は海外で過ごされていたんですよね?

そうです、海外にいました。やっぱり、帰国子女じゃない人生を送ってみたいですね。当時、日本に戻りたいという思いがすごく大きかったんですよ。

そう考えると、小学校2年生くらいに戻ってみたい!

――「僕だけがいない街」というタイトルにちなんでご自身が「孤独だな」と思う瞬間はありますか?

休みの日で、確実に飲めるのに誰からもLINEが来ない日!(笑) 休みの日にちょうどよく誘いが来ていたらうれしいのに、全然こなくてLINEが0の時に孤独を感じますね。

そういうときは結局自分からLINEしちゃいます「メシ行こうよ」って。

それでも捕まらない時は…さらに孤独!!って感じがしますね(笑)

――2017年はどんな年でしたか?

2017年は…あっという間だったなぁ。この仕事を始めてから記憶がどんどんなくなるんですよ。毎年時の進みを早く感じますね、もちろんいい意味で

この作品もそうですけど、ステキな作品に出合うことが毎年できているので、また良い1年を過ごせたなと感じています。

――では2018年の目標は?

毎年、ステップアップするということを目標にしているんですよ。ステップダウンをせず、来年も1歩でいいからステップアップしたいと思っています。本当はポーンっとステップアップしたいんですけど、そういうタイプの俳優ではないんだろうなと。

一歩でいいから確実にステップアップしていきたい。今は何となくそれができているかなという感覚があるので、あまり階段は下がらないように、下がりそうになったらせめて真っすぐ歩けるように、頑張っていきたい。

――着実に確実にですね! 最後にドラマの見どころをお願いします!

とても原作に忠実に作っている作品です。もちろん映画を見た人や原作、そしてアニメを見ていた人も多いと思うんですけど、Netflixドラマ化したことによってじっくり12話見ていただけると、全然見方が変わってくると思います。

映像作品では唯一、エンディングを原作通りに撮っている作品なので、期待してください! 原作が好きなら必ず見てほしいです!(ザテレビジョン・取材・文=中村リリー

古川雄輝にインタビューを行った