新型スペーシア/スペーシア カスタムは、軽ハイトワゴンらしくファミリーユースを中心に、友人とキャンプに出かけるなど、気の合う仲間との相棒になれるように設計されています。

詳細画像はこちら

軽自動車の規格(サイズの上限)は変わらないのに、新型車が出るたびにわずかでも車内空間が広くなっているのには驚かされますが、スズキ渾身の新モデルである新型スペーシアスペーシアカスタムも例に漏れません。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

まず、新プラットフォームの「HEARTECT(ハーテクト)」により、先代よりも前後乗員距離を10mm拡大することで、後席の足元スペースを拡大。ホイールベース2460mmで先代から35mm延ばされています。

さらに、前席のヒップポイント地上高(地上からお尻までの高さ)を30mmアップさせ、リヤも同様に15mm高くされています。これによりアイポイントが高くなり、運転がしやすくなり、後席の前方の見晴らしも良くなっています。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

ボディサイズでは、全高を50mm高くすることで室内高が35mm高くなり、1410mmという室内高を確保。また、室内幅が25mm広くなったことで、前席の左右乗員距離間も後席は変わらないものの、前席は30mm拡大し、前席のショルダールームも25mm拡幅しています。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

ほかにも、フロントガラスの角度を従来よりも立てたり、エアコン吹き出し口を奥に設置したりすることでインパネの圧迫感を抑制し、開放感のある前席となっています。

詳細画像はこちら

ホイールベースの延長は、走行安定性や乗り心地の改善などが期待されますが、全高アップにより先代スペーシアスペーシアカスタムの美点のひとつであった走りの良さがどうなっているかも気になるところ。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

チーフエンジニアの鈴木猛介氏によると、安全性を確保しながらも新型スペーシアスペーシア カスタムほど「ギリギリ」までキャビンを拡大させた軽自動車はほかにはないのでは? とのこと。さらに、先代並の走りを確保しながら全高を拡大させたそうですから走りも楽しみです。

(文/塚田勝弘 写真/小林和久、スズキ

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

【新車】まだ軽自動車は広くなる!? スペーシア/スペーシア カスタムは驚きの広さ(http://clicccar.com/2017/12/15/539661/)