『盗撮って、相手に気が付かれずに見知らぬ女性の“日記を盗み見するような行為”なんですよ』――。

男が痴漢になる理由』(イースト・プレス)の著者、斉藤章佳(さいとう・あきよし)氏は大森榎本クリニック(東京・大田区)で痴漢、強姦、小児性犯罪、盗撮・のぞき、露出や下着窃盗など1100人を超える性犯罪者加害者と向き合い、国内でも先駆的な再犯防止プログラムを実践してきた。

斉藤氏がこれまで治療に携わった盗撮犯は300人以上! その中のひとりが実際に口にしたのが冒頭の言葉だ。前編記事では近年、急増している盗撮事件の最新事情と『相手の女性には気づかれてないけど、ボクはキミのことを全部知っているんだ!』という盗撮常習者たちの歪(ゆが)んだ“支配欲”について触れた。

斉藤氏は「盗撮は非接触型の性犯罪であるために発覚しにくく、常習者たちは被害に遭った女性がどのような気持ちになっているのか理解できない」と話す。バレにくく、被害者の心の痛みも感じ取れない――この構造が「被害件数は潜在的なものも含めて年間10万件ともいわれる痴漢をはるかに上回る」(斉藤氏)というほど盗撮が日常化している要因だろう。実際、ある盗撮常習者は「相手に気付かれなければ、誰も傷付くことはない」と平然と語ったという…。

だが、被害に遭った女性の精神的な負担が軽いのかというと、決してそんなことはない。都内在住の吉田美穂さん(仮名・27歳OL)は帰宅途中の電車の中で盗撮にあった。

「比較的空いていたのにドア付近に立っていた私の斜め後ろを陣取っていて…。なぜか低い位置でスマホをいじっていたのが気になって様子を見ていたら、スマホのシャッター音が無音になるアプリを使って、インカメラスカートの中を鏡で覗くように撮られました」

幸いにも、この盗撮犯は他の乗客に取り押さえられ、「画像もその場で消去させた」というが、その時、耳にした犯人の言葉が今も忘れられないという。

「大事にするのも面倒だったので被害届は出さず、謝罪だけで済ませたんですが、話し合いの途中でボソッと『触られたわけでもないくせに』と…。写真も実はどこかに残っているんじゃないか、転送しているんじゃないかと考えると不安で。電車でちょっとでもスマホを自分に向けられている気がすると、慌ててその場から逃げるようになりました。今は電車に乗るのも怖いです」

「触ってないから傷つかないだろう」というのは加害者の身勝手な解釈だ。実際、盗撮に対する印象を複数の女性に聞いてみると…。

「撮った写真や動画を流出されそうで怖い」(23歳・女性)、「記録として残ってしまうので、ある意味、痴漢よりも長い時間“性犯罪の被害に遭った”という現実をずっと突きつけられて悩んでしまう」(29歳・女性)、「撮られた写メが何に使われているか想像するだけで気持ち悪い。痴漢よりもイヤ!」(31歳・女性)

筆者も女性として、もし自分が盗撮の被害に遭ったら…と想像すると「自分の写真が知らない相手にいいように使い続けられている」と考えるだけで精神的にかなりのストレスに襲われる。仕事中も眠る時も、ふとそんなことを想像してひとりで不安や恐怖と延々と戦い続けなければいけない。それは真綿で首を絞められるようにじわじわと、しかし確実に精神的に苦しめられることだろう。

実際に盗撮被害に遭った経験のある女性からは「盗撮された場所を通るとイヤな思い出が一気によみがえってしまい、二度と近づけなくなった」(30歳・会社員)、「スカートをはけなくなった」(37歳・会社員)という声も挙がっている。“盗撮は性犯罪の中でも女性に与えるダメージは軽い”ということは、絶対にないのだ。

盗撮犯に“狙われやすい”場所について、斉藤氏はこう話す。

「電車内や駅構内の他、本に集中して周囲への注意が散漫になる書店。意外と多いのが、職場や学校です。対象が身近な女性だと、より『相手の秘密を知っているのは自分だけ』という、支配する感覚や達成感が強まるのかも知れません」

盗撮常習者には独特の“認知の歪(ゆが)み”が見られるともいう。

「相手の体に直には触れない“非接触型”の性犯罪なので、彼らの中でも『痴漢や強姦は相手を直接傷つけるけど、盗撮は手を触れることすらないから悪いことではない』『誰にも気づかれずに自分の欲求を満たせる…これのどこが悪いんだ?』と独特の思考パターンがあります。誰も傷つけずに自分の欲求を満たせる術(すべ)だと思い込んでいる。

非日常スリルリスク、または相手を支配しているという感覚を味わえるので、盗撮を『趣味や生きがいだ』と堂々と語る人もいるくらいです」

さらに斉藤氏がこれまで治療に関わった盗撮常習者の言葉で特に印象的だったのが…、

20代大学生で『盗撮をしないと絶食をしているのと似た感覚に襲われる』と。『退屈すると盗撮したくなる』という大学生もいました。他にも『覗かれやすい建物にした建築士のほうが悪い』という、なんとも理解不能な言葉まで…」

では、彼らは盗撮した画像をその後、どうするのか? 被害女性の多くは「ネットに流出されるんじゃないか」「知らないところで売買されているんじゃ…」と不安に感じていたが、斉藤氏は「実は盗撮常習者の大半は自分だけのコレクションにするケースが多い」という。

「盗撮常習者にとって手元に撮りためた“コレクション”は『今までどれだけの女性を支配できたか』という支配の数に直結します。常習者ほど異性とのコミュニケーションが苦手な男性が多いのですが、彼らにとって女性と繋がっている“唯一の証拠”が保存した盗撮画像であり、それは異性との疑似的な繋がりを実感できる“大切な物”なんです。

『盗撮とは、相手の日記を盗み見る感覚と同じ』と語る常習者もいましたが、日記は多ければ多いほど圧倒的な優越感と支配欲を満たしてくれる。細かい人だと、データの日付や撮影場所を事細かにメモしてコレクションしている例もあります。

加害者の中には数千点ものデータを保存していた盗撮歴10年以上の男性もいました。彼らにとってスカートの中や女性の体の一部を映したデータが“秘密の日記”であり、そんな自分だけの宝物をわざわざ流出させようと考える加害者は少ないようです」

「コレクションの数だけ、自分はこれだけの女性を支配している」と考える加害者心理は到底理解できるものではないが、あくまでも自分の中だけで抱え込んで優越感に浸るというケースが圧倒的に多いようだ。

また、意外にもリスクを負って得たデータを撮影直後に消去する加害者もいるという。

「支配欲を満たしつつも、データそのものが目的ではなく、犯行の準備段階の緊張感や高揚感、葛藤や後悔、達成感などのプロセス、いわば非日常的なスリルを味わうために行為に及ぶ人もいます。しかし、何度もそのプロセスを繰り返していると耐性ができてしまって『より危ない場所で』『より捕まるリスクが高いシチュエーションで』と、さらに強い刺激を求めるようになる傾向も見られます。

その点は痴漢の心理的プロセスと酷似していますが、性犯罪の中でも比較的刑が軽い、発覚しにくい、矯正施設内で再犯防止プログラムの対象から外されるという現状もまた、日本を“盗撮天国”へと貶(おとしめ)ている要因なのかもしれません」

潜在的な件数は痴漢の年間10万件を優に超え、私たちが気づかないだけで毎日、至る所で行なわれている盗撮という非接触型の性犯罪。治療には被害にあった女性の体験談をあえて加害者に直接聞いてもらったり、自分の“スイッチ引き金)”が入りそうな場所を避けて生活する、スマホカメラ機能を外すなど様々な努力が行なわれているという。

「これは性犯罪全般と同様の対処行動ですが、今まで自分が繰り返してきた行動を見直し、悪循環のパターンや犯行サイクルを洗い出す。それぞれ盗撮したいというリスクが高まる場面を自分できちんと知ることから再犯防止の第一歩が始まります」

盗撮犯よ、思いとどまってほしい。そして知ってほしい。そのシャッターの一押しが自分の人生を転落させ、相手の女性の心に“一生の傷”を負わせるということを――。

(取材・文/青山ゆか)

“盗撮天国”ニッポンの闇――「見知らぬ女性の“日記を盗み見するような行為”」に罪悪感なし?