008543.jpg

2018年4月に神奈川・KAAT 神奈川芸術劇場にて、Rock Musical『5DAYS 辺境のロミオとジュリエット』の上演が決定した。本作は、シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』をベースに、たった5日間の出来事で命を燃やす若者たちの姿を現代に置き換えて描く日本発のロックミュージカル

脚本・作詞・演出は、ミュージカルスカーレット・ピンパーネル』『マタ・ハリ』など大作演出が続く石丸さち子、音楽はハイパープロジェクションエンゲキ「ハイキュー!!」などで知られる和田俊輔が手掛け、石丸と初タッグを組む。

出演者には、東啓介、豊原江理佳、柳下大、中山義紘、大山真志、そしてマルシアが名を連ねた。

あらすじ
2018年、辺境のための経済復興特別区グラント」に“ライン”が引かれた。「デルヒ」と「ゼムリャ」に分かれた二つの街の対立は、驚くべき速さで激化していく。
「デルヒ」」のハワル(東)はある日、友人のポドフ(柳下)、ナウチ(中山)らと、ゼムリャの祭りにもぐり込めることになった。“ライン”上に暮らす女・ドゥーシャ(マルシア)の導きで。そこで、リェータ(豊原)とハワルは瞬く間に恋に落ちる。しかし、リェータの兄シーラ(大山)は、ゼムリャの血と種を守る民族運動の若きリーダーだった。
転がるように恋に落ちるハワルとリェータであったが、血気にはやるシーラとポドフが衝突し、二人は引き裂かれていく。街の争い、人々の争いの中、愛を知った二つの命が選ぶ道は・・・。

Rock Musical『5DAYS 辺境のロミオとジュリエット』は、2018年4月3日(火)から4月23日(月)まで東京・KAAT 神奈川芸術劇場 中スタジオにて上演される。

008543.jpg