日本1stアルバム『Sensational Feeling Nine』をリリースしたSF9。収録曲「僕の太陽 ~O Sole Mio~」にかけて、ジェユンに“太陽”的な存在だと思うメンバーBEST3を直撃!すると、堂々と「僕です!」と自分をランキングに推しつつも、日頃一緒にいる中で特に情熱を感じたというメンバーランクイン。みなさんはいったい誰だと思いますか?

【SF9 サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
12月13日〜22日まで掲載されるインタビュー記事&ランキング記事にキーワードが出てきます。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、22日に掲載されるプレゼント企画記事をチェック!お楽しみに♪

【1位】テヤン

リスペクトしかない!SF9の中だけでなく、たぶん会社イチ練習量が多いのがテヤンくん。やると決めたことは、時間がかかっても成果を出すまでやり遂げる男です。本当にずっと練習室に閉じこもっている情熱の人。普段はすごく恥ずかしがりやで内気なのに、ステージに立ったり、自分の得意なことを見せるときは、すごく積極的になるのが不思議。特に自分の好きなことを習うときの情熱ときたら!僕も見習わなくちゃ~。

【2位】僕(ジェユン)

僕が太陽だってことは、ステージを観てもらえればわかると思います(笑)。僕も練習の虫で、自分が決めた練習量に達しなければ、仕事後も練習室に戻ります。プライベートで何かしたいと思わないし、練習を通してストレスも解消できるんです。成長のためには、努力が必要。ジュホくんもいつも事務所で曲作りをしているので、夜中に曲を聴かせてくれて、ボーカリストとしての意見を求められたり、ガイドボーカルを頼まれたりもしています。

【3位】ジュホ

今、作詞・作曲といった曲作りに情熱を傾けています。そのプロフェッショナルな姿が太陽のように熱くて情熱的なので選びました。僕も遅くまで練習室に残っているけど、ジュホくんは毎日のように徹夜で曲作りに励んでいます。その甲斐あって、韓国の最新ミニアルバムKnights of the Sun』には、ジュホくんの作った曲が採用されて、評価も高かったんですよ!きっと、次のアルバムにもジュホくんの曲が収録されるんじゃないかな?

ステージに立つと積極的!SF9・ジェユンが“太陽”的な存在だと思うメンバーBEST3