G大阪のFWアデミウソン、2014年に“ブラジルの貴公子”カカと共演

 

 元ブラジル代表MFカカが自身のツイッターなどで今季限りでの引退を決断した。ロナウジーニョロナウド、アドリアーノとともに“魔法のカルテット”を形成し、代表として92試合29得点と活躍したが、35歳でスパイクを脱ぐことになった。この一報を受けてあるJリーガーが反応し、「僕のアイドル」というカカとの貴重な2ショット写真を掲載している。

 

 端正なマスクで“ブラジルの貴公子”と称されたカカは、2001年に母国サンパウロトップチーム出場を飾ると、すぐさま台頭。03-04シーズンからイタリアの名門ミランにステップアップを果たし、さらに09-10シーズンからレアル・マドリードへ移籍した。スペインで4シーズンにわたってプレーし、以降は古巣のミランとサンパウロを渡り歩き、最後はアメリカオーランド・シティに在籍。07年にフランス誌「フランスフットボール」選定の最優秀選手賞「バロンドール」を受賞するなど、輝かしいキャリアを歩んできた。

 

 ブラジルの歴史に名を刻む男と共闘した現役Jリーガーこそ、現在J1ガンバ大阪で活躍するエースFWアデミウソンだ。

 

 23歳のブラジル人アタッカーは、12年から15年までサンパウロに所属し、15年にJ1横浜F・マリノスへ移籍。16年からG大阪プレーしている。U-17ブラジル代表など年代別代表で10番を背負ったアデミウソンは若くして頭角を現した逸材で、14年にカカと共演を果たしていた。

 

 

 

カカが笑みを浮かべ、頭をなでる様子を公開

 

 ブラジルの偉大な先輩が現役引退を表明したのを受けて、アデミウソンがすぐさま反応。自身の公式インスタグラムにカカとの2ショット写真を掲載し、次のようなコメントを添えている。

 

「それは僕の喜びだった。僕のアイドル、カカ!」

 

 写真にはサンパウロユニフォームを着た試合中の二人が並走し、カカが柔和な笑みを浮かべ、アデミウソンの頭を軽くなでようとしている場面が写っている。

 

 チームメイトとしてプレーしたのは1シーズンのみだったが、アデミウソンにとっては“アイドル”と過ごした時間は人生の宝物となっているようだ。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

 

 

【写真】アデミウソンの公式インスタグラムで公開、ブラジルの偉大な先輩カカとの貴重な2ショット

 

https://www.instagram.com/p/Bc0IOK8l6j2/

アデミウソンの公式インスタグラムで公開、ブラジルの偉大な先輩カカとの貴重な2ショット

 

 

 

フットボールゾーンウェブ