inose 過な性表現を含む漫画アニメの販売を規制する「東京都少年健全育成条例」について、東京都猪瀬直樹副知事がツイッター上で2011年2月13日、「コミケ都条例の対にならない」と発言し、ネット上で反を呼んだ。なかには「瀬氏の個人的見解」と軽視する見方もあったが、ニコニコニュースが14日、東京都庁の担当部署に取材したところ、「コミックマーケットなどの同人誌即売会都条例の対にはならない」という、瀬副知事と同様の見解が示された。

 瀬副知事はツイッター@inosenaoki)で

コミケは祝祭間であり、『自治共和』としての森川嘉一郎氏のガバナンスがしっかりしているので都条例の対とならない。そもそも『図書類の発行、販売又は貸付けを業とする者』(7条)に当たらない」

と発言。それに対し、ツイッター上では「瀬氏の個人的な見解に過ぎず、審議会の方針ではないという展開にならないよう、確約は欲しいとこですけどね」「条例を正しく解釈するなら瀬さんの発言はアテにならない」など、瀬副知事の見解の正当性を疑うが相次いだ。

 そこで、ニコニコニュースでは、東京都少年治安対策本部総合対策部の少年課に電話取材を実施。コミックマーケットが条例の対になるかについては、

少年健全育成条例の7条では『常設的な店舗を構え、業として販売・発行しているもの』について、都条例の対となるとしている。コミックマーケットのように常設的に店を置いておらず、年に1、2回、趣味の延長で販売しているものに関しては『業』とは言えず、都条例の対にはならない」

という回答だった。

 コミックマーケット以外の同人誌即売会も、同様の理由から「都条例の対とはならない」とのことだ。しかし、「秋葉原などに見られるような常設的に店を構え、同人誌を販売している店舗は都条例の対となる」そうだ。

東京都少年の健全な育成に関する条例
http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/pdf/08_jyourei/08_p1_1.pdf

三好尚紀)

【関連記事】
東京都が答える「青少年健全育成条例Q&A」 パンフレットに掲載
国境越える都条例問題、アメリカでも議論に
角川書店社長「都知事の発言はマンガ・アニメへの職業差別」