1年間に産まれる子どもの数を示す「出生数」が、2017年過去最少となることが22日に開された厚生労働省の調結果でわかった。婚姻件数や婚姻率も過去最低更新した一方、死亡数は戦後最多となった。

画像をもっと見る

厚生労働省によると、今年の出生数は初めて100万人を下回った昨年よりも3万6000人少ない941000人となる見通し。統計を取り始めて以来、最も出生数が少ない年となる。また、婚姻件数は昨年より1万4000組少ない607000組となり、人口1000人に対する婚姻率も初めて5を割る4.9に減少。どちらも過去最低更新することになる。一方、死亡数は、昨年よりも3万6000人多い1344000人になる見通し。出生数から死亡数を差し引いた人口減は403000人となり、戦後初めて40万人をえることになる。

人口動態調査