23日に行われた伝統の一戦“エル・クラシコ”の前夜に、バルセロナの選手たちは人気テレビゲームで緊張を和らげていたようだ。25日付のスペイン紙『アス』が伝えている。

 レアル・マドリードの本拠地サンティアゴ・ベルナベウで開催された今回のクラシコバルセロナは試合前日に首都マドリードに到着し、宿泊先のホテルに滞在していた。その夜には2位アトレティコ・マドリードの試合が開催されたが、選手たちは見向きもしなかったという。同紙によると、彼らは人気テレビゲームマリオカート』に興じていたようだ。

 ジョルディ・アルバジェラール・ピケ、セルヒオ・ブスケツのスペイン代表3選手が中心となって、『マリオカート』の大会を実施。クラシコという大一番を前にサッカーと距離を置くことで、チームはリラックスムードに包まれていたという。なお、エルネスト・バルベルデ監督も選手たちの意向を汲んで、試合当日の起床時刻を予定より30分ほど遅らせ、朝食の時間もずらしたと同紙は伝えている。

 迎えた本番で、バルセロナは3-0と圧勝。レアル・マドリードとの勝ち点差を「14」まで広げることに成功した。敵地で挙げた勝利の裏には、“マリカー”の存在があったといっても過言ではないだろう。

(記事/Footmedia

クラシコで勝利したバルセロナの選手たち [写真]=Getty Images