お正月に欠かせない遊びのひとつ『かるた』。特に古典的な『百人一首かるた』や『いろはかるた』は“ああ、日本のお正月だな~”と思わせてくれて、なかなかいいもんです。

テレビアニメが放映され始めた1963年以降は、マスコミキャラクターを使用したカルタが全盛となります。玩具メーカーオリジナルの読み札の文句や絵札には、味わい深い珍品&迷品もありました。

そんな中からマスコミキャラは登場しませんが、昭和の時代色濃厚な『推理探偵かるた』を紹介します。

では、まず“し”から。

うひっ、子供用のかるたとしてはちょっと重すぎやしませんか?

次は“み”です。

ちょっ、子供に麻薬の恐ろしさ説いてどんすのよ?

そして“も”。

うう…こっちまで泣いてる奥さんの身の上が心配になってきちゃいます。

これ、不謹慎かもしれませんが、いまやったら笑っちゃってゲームどころではないかもしれませんね。

かるたは最近でも、書体の違いで札を見分ける『フォントかるた』、読み札を劇中の名台詞だけで構成した『天空の城ラピュタ 名台詞かるた』など、ユニークなものがいろいろと売られています。

せっかく家族・親族が揃うお正月です。久々にかるたを用意して、みんなでわいわい盛り上がってみてはいかがでしょうか。

(写真・文/おおこしたかのぶ)