今年もやりました!クリッカー・オブ・ザ・イヤー覆面座談会。

お集まりいただいた選考委員はもちろん敏腕自動車ジャーナリストぞろい。2017年ったクルマたちを各自採点ののち各種についてりあってもらい、「クリカーが選ぶ2017年クルマ」を決定する会議です。

詳細画像はこちら

■権威がいからいいのだ!

年の瀬の某日、覆面だからこその言いたい放題……もとい活発な議論クリカー編集長会のもと始まります。

詳細画像はこちら

ベテラン敏腕ジャーナリストのお1人に、クリカーオブ・ザ・イヤーというアワードの魅を聞いたところ、「権威がいからいいんだよね(笑)素直なところが出る」とのこと。アンチ権威!権威レス!権威フリー

そんな覆面座談会の様子を少々ご紹介すると……。

シトロエンC3を題材にとって「フランスらしい」ってどんなこと?…とか。

カムリになんとなく惹かれる理由をみんなで考えていたら、唐突にかが「……そういえば、昔、か◯カムリなんてパロディもあったもんだ」と遠いをしてブチ込んできたり。

もちろんワンダルなど注の話題も次々に。「やっぱり2ペダルでしっかり走るべき」とか「もういっそゼロダル」とか、自動車ジャーナリストたちの素直な見解も聞かれました。

もちろんクリカーオブ・ザ・イヤーにはリーフも、(クリカーサイドが勝手に)エントリー。

そんなリーフから日本の電動化について考えたり。あるいは「リーフの充電口が前にあるのはどうなんだろう」という話の最中、「やっぱりフロント充よりリア充ってね!」と、なかなかのミドルエイギャグが繰り出されたり。

詳細画像はこちら

最後には「ダイソン掃除機ってどのモデルがいいの」との議論にまで発展した覆面座談会……と、これだけ書いていると、どうにも脱線しっぱなしの様相ですが、実際はかなりトークが繰り広げられました。

自動車業界を見つめ続けてきたライターは、権威から解放されて2017年に何を思うのか。今後クリカーにてどんどん種別の記事、また選考委員の個別記事にてご紹介していきます。

ぜひお楽しみに!

(くぼきひろこ)

2017年も権威フリー(?)のクリッカー・オブ・ザ・イヤー覆面座談会(http://clicccar.com/2018/01/03/545113/)