電車バスに乗っていると、自分の近くの乗客が手に下げている袋から食べ物のいい匂いが漂ってくることがある。満員電車の中や、匂いが強い場合には迷惑に思う客も多いかもしれない。中国では数年前から、地下鉄で匂いの強い食べ物を持ち込んで食べることが問題となり、内の飲食を禁止する動きが出ている。

 中国メディア今日頭条は1日、日本ケンタッキー・フライドチキンKFC)がこのほど、電車などの公共交通機関で持ち帰るための「匂いのしないフライドチキン」を開発したことを紹介する記事を掲載した。

 記事は「日本地下鉄構内にあるKFCの売店では、多くの乗客が匂いで他人に迷惑を掛けるのを恐れてフライドチキンの購入を敬遠することに着し、この問題を解決するために匂いを封じ込めた地下鉄限定のフライドチキンを開発した」と紹介している。

 そして、このような売店ではチキンが1ピース250円の値段で2ピース、4ピースなどのパックで売られているほか、ツイスターコーンサラダビスケットなども一緒に販売されていると説明。「商品はプラスチックのパックに入っているが、確かに何の匂いもしない」とし、などに持ち帰って電子レンジで加熱することであの独特の匂いが開放され、店内で食べるのと同じフライドチキンの味を楽しめると伝えた。

 記事を呼んだ中国ネットユーザーは「これは人に優しい。値段が高いと思ったけど、日本人の所得準を考えれば中国よりマシだ」、「いいアイデアだ」との賞賛が寄せられる一方、「これって冷めてるだけじゃないのか」、「フライドチキンの匂いをさせながら持って帰るのが良い」との意見もあった。

 また、共の場での食べ物の匂いに悩まされた経験談として「今日映画を見に行ったら前の席の女性おでんを食べていた・・・」とユーザーもいた。(編集担当:今関忠)(イメージ写真提供123RF

どうして・・・? 日本のケンタッキーが、匂いのしないフライドチキンを売っているぞ! =中国メディア