勝負の世界に“絶対”はない! まして、「出る前に負けること考えるバカいるかよっ!!」[(C)アントニオ猪木]ということで、お正月らしいビッグな夢を見よう。

スポーツイベントがめじろ押しの今年、“その間”が今から待ち切れない! 初夢はあくまでも予想記事です。

* * *

初夢










エンゼルスに移籍した大谷翔平メジャーデビューは、快な一発で飾られた。アスレチックスの本拠地に乗り込んでの開幕戦に7番DHでスタメン出場した大谷は、第1打席でライトスタンドに推定飛距離150mの特大アーチを放つ。続く第2戦ではセンターバックスクリーンに、第3戦ではレフトホームランを放ち、ファンの度肝を抜いた。

打撃を見せつけて開幕4戦を終えた大谷は、休養を挟んだホーム第2戦のインディアンス戦で、チーム6人先発投手として本拠地のマウンドに上がる。初回から100イル(約160キロ)のストレートと高速フォークを投げ込み、7回までパーフェクトピッチング。初登板での完全試合に期待が高まったが、8回の先頭打者に不運なポテンヒットを許したところで、マイク・ソーシア監督は大事をとって交代を示。106球13奪三振でのメジャー初勝利に、満員のファンからスタンディングオベーションが送られた。

以降も大谷の快進撃は止まらない。投げては毎試合10奪三振の快投で、15連勝を含む20勝。打ってはやや右翼フェンスが高く「左打者に不利」とされた本拠地でもホームランを量産し、30本の大台に乗せた。

大谷プレーは全ファンを熱狂させ、「ニトーリュー」はこの年の流行となった。

【検










ニューヨーク在住のスポーツライター杉浦大介氏はこうる。

エンゼルス先発6人制を敷くと登板機会は減るため、20勝は難しくなります。それでも、日本人メジャー1年の最多勝利記録である16勝に近い数字を残す可性は十分にあります。今オフエンゼルスは実績ある野手を積極的に補強して層が厚くなった。マイク・トラウトや、アルバート・プホルスなどベテランたちが頑れば、かなりの援護が期待できますからね。

一方で打者としては、大谷DH毎日プレーするわけではないため、30本塁打は至難の業です。投手としての負担を考えれば、70試合程度スタメンに入れば御の字。そのなかで15本塁打すれば十分に成功と言っていいでしょう」

◆『週刊プレイボーイ』3・4合併号「2018年スポーツ奇跡ナインストーリーズ!!」では、他にもプロ野球サッカー平昌五輪ボクシングゴルフF1大相撲ビッグな夢を検しているので、是非お読みください!

写真小池

「ありえない」とは言い切れない! エンゼルス・大谷翔平『二トーリュー』が流行語に?