漫画原作実写化がトレンドの日本映画界。2018年も数々の人気漫画実写映画となって登場する。お祭り映画となりそうな『銀魂パート2(仮)』をはじめ、『ちはやふる ‐結び‐』『BLEACH』など、話題作のそろった2018年実写映画作品をチェック

【関連】2018年話題の実写化映画<フォトギャラリー>

 空知英秋による「週刊少年ジャンプ」の看コミック福田雄一監督映画化した『銀魂』は、行収入35億円を突破する大ヒットを記録するなど、2017年日本映画界を代表する1作となった。くも2018年には続編となる『銀魂パート2(仮)』が登場。「ジャンプフェスタ2018」では、福田監督からのビデオメッセージで「武市太は出ないけども、佐藤二朗は出る」というヒントが発表され、佐藤が「神楽に任せるアル」とコメント。さっそく、福田組らしい爆笑のやり取りがスタートしている。

 続編で言うならば、末次由紀少女コミック広瀬すず演で映画化した『ちはやふる ‐結び‐』(3月17日開)も注の1作。2016年に二部作として開され、本作でいよいよシリーズ完結編を迎える。広瀬演じる千早野村周平演じる太一、新田真剣演じる新がどんなクライマックスへと導いてくれるのか。臨場感あふれるかるたシーンにも期待したい。

 『神さまの言うとおり』『ストロボエッジ』など漫画原作実写化に出演することも多い福士蒼汰は、唐々煙の原作を本広監督映画化する『曇天に笑う』(3月21日開)、週刊少年ジャンプで連載された人気コミック映画化する『BLEACH』(開)の開が控える。

 明治維新後を舞台に、人に災いをもたらす大蛇阻止するために立ち上がった曇天兄弟の戦いを描く『曇天に笑う』では、頼りがいのあるアニキを演じる福士。『BLEACH』では、霊が見えること以外は普通高校生である一護として、悪霊との戦いに挑む。『無限の住人』で見せた麗なアクションも記憶に新しい福士だが、2018年の2作でも“アクション福士蒼汰”をたっぷりと堪できそう。

 すっかり「漫画原作に出演することが多い俳優」となったのが、吉沢亮。『銀魂パート2(仮)』に出演する可性もアリ岡崎京子による伝説的衝撃作の映画化『リバーズ・エッジ』(2月16日開)、吉住渉少女コミック映画化する『ママレード・ボーイ』(4月27日開)で90年代傑作コミック実写化演するほか、『レオン』(開)、『あのコの、トリコ』(2018年開)と漫画原作への出演が続く。

 彫刻のような美しい顔立ちは、まさに漫画から飛び出してきたよう。『斉木楠雄のΨ難』でのハジけた演技も評判で、“静と動”のギャップを見せられる役者として着実にキャリアを重ねている吉沢。注作の演に抜される機会もますます増えそうだ。

 フジテレビ深夜アニメノイタミナ」でアニメ化された3作品も、実写映画としてお見え。『坂道のアポロン』(3月10日開)は、高校生の瑞々しい青春ジャズを通して描く物語。本作で映画単独初演を果たす知念侑李は、ジャズピアノの魅覚めていく役柄を演じるためにピアノの特訓にも励んだ。浩哉原作、強大なを手に入れた者たちの戦いを描く『いぬやしき』(4月20日開)では、木梨憲武が16年ぶりに映画演を務めるほか、佐藤健が初めての悪役トライ。『恋は雨上がりのように』(5月25日開)では、大泉洋小松菜奈が“28歳差の”を紡ぐ。

 そのほか、ろびこの原作菅田将暉土屋太鳳を迎えて映画化する『となりの怪物くん』(4月27日開)、いくえみ人気コミック映画化する『プリンシパル~する私はヒロインですか?~』(3月3日開)などなどラブストーリーも充実。漫画ファン映画ファンを喜ばせる作品は現れるのか。期待して開を待ちたい。

映画『ちはやふる ‐結び‐』ポスタービジュアル(C)2018映画「ちはやふる」製作委員会(C)末次由紀/講談社