物価が高い日本から見たら他のはほとんど安い!


英国発、世界トップビジネス誌「The Economist」が、世界の大都市物価ランキング2017年版を発表しました。東京は第4位で3ランクアップ、そして大阪が5位で4ランクアップです。

アジアの物価が上がっている
1位シンガポール2位香港、5位のソウルは前年と変わらず。そういえば3か所とも、日本からの観光客が多い都市シンガポールニューヨーク100とするとなんと120です。それに、そのほかのアジア都市も上方傾向です。

が軒並みダウン
そのほかのベスト10にランクインしている、スイスチューリッヒ(3位)とジュネーブ(7位)、パリ(同率7位)、ニューヨーク(9位)、コペンハーゲン(10位)は、すべて昨年からランキングを下げています。なんとロンドンは18ランクダウンの24位。欧は物価が高いという常識も変化しています。

ということは、日本から見たら、ほとんどのの物価が安いということ!
日本から見たら、ほとんどのの物価が較的安いということになります。これじゃ、物価が安いから選ぼうと思ったらたくさんすぎて難しいですよね。

だったら、コスパのいい先でえらんでみるのも賢い方法かも。
世界バックパッカーする旅行メディアLonely Planet」が、2018年コスパのいい旅行ベスト10を発表。日本よりは物価が安いの中でも、特にコスパがいい先ということになります。まだ観光地として込み合っていない場所も多いので、そういった意味でも価値がありそう。

こちらをその魅と共にカウントダウン
第10位 中国)|一泊1000円ちょっとから


の中心である長沙までは成田からなら直行便で5時間ほど。ランキングした中で一のアジア旅行先です。明媚な奇岩の立ち並ぶ国家森林公園は圧巻。そして、料理は、中華料理のなかでも特に激辛で、2000円もあればおなかいっぱいです。宿泊は1000円ちょっとから、世界クラスホテルまでいろいろ。
第9位 ジャクソンヴィルアメリカ)|ビール1杯400円


ジャクソンビルはフロリダの中でもちょっとマイナー。地元っ子にはJAXと呼ばれています。35キロも続くサーフィン、アートにライブミュージックと、じつはアトラクションもたくさん。ビーチのバーベキューを楽しめるレストラン家族経営のものも多くかなりリーズナブル。8か所ある地ビールの醸造所の地ビールは、なんと1パイント(560)が400円ほどで飲めます。
第8位 バハ カリフォルニアメキシコ)|旨いワインが安い


バハ カリフォルニア州は、アメリカを接するメキシコ最北の州。カリフォルニアのナパのワイナリーと変わらないレベルワインが、かなりお安い価格で楽しめます。なにより魅的なのは、これぞメキシコといった田舎町。トドス・サントス、ロレト、サン・イグナシオ、ムレヘ、ラパスなどのでは、格安ながら伝統的な建物に宿泊できる施設が多くあります。
第7位 イギリスポンドが安い今がお得


物価が高いことで有名だったイギリス。まさかランクインするとは。2015年EU離脱の決定の後、イギリスの通貨ポンドはどの通貨に対しても安くなったんです。これが、原因なんですね。日本円の場合、2015年184円をえていたポンド、2016年には147円、そして2017年には143円台に下がっています。100円だったものが78円になったということ。2割引き以上といったイメージです。
第6位 エッサウィラ(モロッコ)|地元の食べ物が安い


モロッコアフリカですが、治安もよくしやすいと言われています。定番の観光地といえばマラケシュですが、実はこのエッサウィラへは、イギリスフランスから確約航空が乗り入れていることもあって、最近人気上昇中。特に食べ物がおいしくてとっても安いんです。ホブズとよばれるらなパン50円ちょっと。市場ではイワシが10尾で100円ちょっとといった安さ。新鮮な季節のフルーツジュース50円くらいで。
第5位 ポーランド|総合的にコスパがいい!


ポーランドと聞けば、ちょっと遠いような、行きにくいようなイメージもありますが、実は日本からのアクセスドイツ都市などとあまり変わりません。それでいて、なんでも安いんです。宿泊も、食事も。それにワルシャワの旧や、古都クラクフ(写真↑)、それに深く歴史と人を感じるアウシュビッツの収容所など、見どころもたくさん。どこも、あまり商業的になりすぎていないものの、しっかりと交通も整備されていて便利で、治安もしっかり大丈夫。手つかずのヨーロッパを楽しめます。総合的にコスパのいいです。
第4位 ラパス(ボリビア)|一日30ドルで十分な


インタグラムで人気沸騰、日本人観光客が爆発的に増えたウユニ塩湖があるのがボリビアです。そのボリビアもかなりコスパがよさそう。このラパスは、高度3660メートル富士山よりちょっと低いという高原。まずはこの高度に体を慣らす必要がありそうです。

スペイン語学校に通う人も多いようですが、ただ観光に訪れてももちろん魅的。美しい町並みを散策しつつ、地元の市場に出かけ、ハイキングサイクリングを楽しんだりとアクティティ満載。しかも、一日30ドルあれば、宿泊も、おいしい食事も賄うのに十分。あのコペンハーゲン世界一レストランノーマ」のシェフのお店もあるとは、グルメも期待できそうです。写真はラパスの公共交通機関の一つ「ミ・テレフェリコ」という名前の、全長10kmもあるケーブルカーです。
第3位 アリゾナ(アメリカ)|割安に自然を満喫!


アリゾナってどこだっけと、地図を再確認するとロサンゼルスのすぐ東側で、ロッキー山脈の一部を含みます。街道沿いの簡素で安いモーテルに、キャンプハイキングなど、あまりお金を使わない宿泊やアクティティが魅アリゾナ州の魅は何といっても自然相手のアドベンチャーです。

砂漠の中にそびえるたくさんのサボテン色が美しいオーガン・パイプ・カクタス公園グランドキャニオンの南端部は3月5月9月10月較的涼しくまた観光客も少ないのでおすすめです。また、同じく5月10月なら、北端部のほうがすいています。また、公園の中には、無料開放日もあるようなので要チェックです。

写真コロラドが急ターンしている絶景「ホースシューベント」。の蹄の形になっています。
2位 ランサローテカナリアスペイン)|南のワイナリ


なれた人たちがいま注しているのが、スペイン本土を遠く離れた、モロッコの東のに浮かぶカナリア。特にグランカナリアのランサローテがおすすめです。とはいえ、インフラはきちんと整っていてもちろん快適。宿泊、食事、レンタカーなどが格安です。

まるで面に降り立ったかのようなティマンファ国立公園オルソラの手つかずの自然たっぷりのビーチに、ラ・ゲリナリーにはワイナリーも。ハイキングコースも多く、大自然が作り出す美しい姿を次々と見て回ることもできます。

1位リンエストニア)|一人でも楽しそうな東欧レベル物価の古都


バルトの一つエストニアは、その最北の。その首都リン沿いにある小さな都市で、の向こうに100キロも離れずフィンランドヘルシンキといった位置です。この小さな東欧の古都はどこにでも歩いて行けるサイズ。ドミトリー、ゲストハウス、民宿まで、安くてフレンドリーな宿泊施設が充実しています。

リスキヴクリエティセンターでは最新のアート満載の施設ですが、フードトラックが集まっているので、おいしいもの好きにもおすすめ。最近タリンには先端を行くレストランも多く、グルメの舌をうならせています。また、ローカル肉料理、パテ、全粒粉のパンジャガイモ料理などを出す気軽なお店もたくさんあります。

見どころは、1670年代に作られた地下都市ロシアからの攻撃に備えて作られました。自転車を借りれば、タリンの移動はかなり楽。また、自転車ツアーも充実していて、名所やビーチまで、他の旅人たちと回ることができます。もちろん、地図を片手に一人でも。バー巡りなどの遊びも充実しているそうです。

2018年だからこそのコスパのいい先。思い切って出かけてみませんか。

[Best Value|Ten destinations to tempt frugal travellers]
[イギリスポンド/円の為替レートの推移]
[All Photos by shutterstock.com]

【決定版】2018年コスパのいい旅先ベスト10!イギリスもランクインしてます。