1月6日(土)、GLIM SPANKYが『BIZARRE CARNIVAL Tour 2017-2018』のファイナル公演を東京・新木場STUDIO COASTで開催。満員札止めの大盛況で20公演の全国ツアーの幕を閉じた。

メンバーが一人ひとりが登場すると、大歓声が沸き起こる。観客は早くもGLIM SPANKYが放つ音にノリたがっているようだ。1曲目は「THE WALL」。圧倒的な登場を感じさせる重厚感のある楽曲に早くも場内はヒートアップ。続いて「BIZARRE CARNIVAL」「The Trip」と、アルバムと同じ流れの構成で披露し、大いに盛り上げた。

冒頭、松尾レミは「このツアーは本当に大好きで、アルバムも大好きで、幸せに包まれながらツアーをやってきました。だから今日は最高に熱い、最強にイケてるロックの夜にしたいと思うので、みなさん、よろしくお願いします!!」と語った。

その後、映画『ONE PIECE FILM GOLD』の主題歌となり世界中に届いた「怒りをくれよ」、そして、昨年、テレビ朝日系列ドラマ警視庁・捜査一課長 season2』主題歌となった「美しい棘」も披露。新旧アルバムから楽曲を織り交ぜ、緩急つけたビートを感じさせるライブで観客を大いに盛り上げた。親子で来ている観客も笑顔で楽しんでいる様子だ。

松尾は、1月31日に発売するシングル「愚か者たち」について「曲もアートワークも、一つのパッケージとして、宝箱のように見立てるぐらいの感じで作り込んだ作品なので、ぜひ、みなさんに聴いて頂きたいです」と語る。さらに、5月の武道館公演についても、「ロックは生きているんだぞ、ということを世間に見せつけてやりたいんです。最高の夜にしたいと思っているので、みなさん遊びに来てください!」と呼びかけた。

また、亀本寛貴は「ライブに来る人には色んな人がいて、盛り上がりたい人もいれば、別に盛り上がりたくない人もいて。色んな人が楽しめるライブにしたいなと常日頃思っています。これからも、色んな楽しみ方ができるロックを提供していきたいです。僕もそれを楽しんでいけるように、ずっとやって行こうと思ってます」と話す。

その後、映画『不能犯』の主題歌「愚か者たち」を披露。ヘビーなギターサウンドをかき鳴らし、聴くものへ生き方の決断を煽り鬼気迫るメッセージが込められた楽曲だ。「愚か者たち」は1月10日iTunesにて単曲先行配信され、iTunesプレオーダー開始となっている。

GLIM SPANKY1月20日に台湾でのワンマンライブをおこない、5月には自身初となる日本武道館でのワンマンライブをおこなう。

 
BIZARRE CARNIVAL Tour 2017-2018 2018.1.6(Sat新木場STUDIO COAST
1.THE WALL
3.The Trip
4.ダミーロックブルース
5.いざメキシコ
6.怒りをくれよ
7.END ROLL
8.闇に目を凝らせば
9.Velvet Theater
10.お月様の歌
11.吹き抜く風のように
12.Freeder
13.美しい
14.白昼夢
15.Sonntag
18.アイスタンドアローン
19.愚か者たち
20.大人になったら
21.褒めろよ
 
ライブ情報
GLIM SPANKY LIVE AT 日本武道館
出演:GLIM SPANKY
時間:OPEN 16:00START 17:00
 
料金:
【前売(全席指定)】5,800円(税込)
【親子割チケット(全席指定)】価格詳細はGLIM SPANKY公式サイトをご参照ください。
 
※未就学児童は保護者の座席の範囲内で鑑賞可。小学生以上チケット必要。
 
日程:2018年1月20日(土)
会場:台湾 THE WALL公館  (https://thewall.tw/grounds/gongguan)
 
(その他、出演情報)
 
3月11日(日)

GLIM SPANKY オフィシャルサイトhttp://www.glimspanky.com/

 
3rdシングル「愚か者たち」

GLIM SPANKY 3rdシングル「愚か者たち」

GLIM SPANKY 3rdシングル「愚か者たち」


1月31日(水)発売
CD 1,300円+税 品番:TYCT-30072
1.愚か者たち(映画『不能犯』主題歌)
2. In the air
3.カバー曲:I Feel The Earth Move(原曲:キャロルキング
GLIM SPANKY『BIZARRE CARNIVAL Tour 2017-2018』ファイナル公演 新木場STUDIO COAST