1月3日、 「私は2075年の未来から来ました。」と自称する未来人YJ」がTwitterに降臨した。2000年アメリカネット掲示板で話題になった未来人ジョン・タイターの再来だとして話題になっている。

ジョン・タイターは、2036年未来からやって来たタイムトララー2000年以降に起こる出来事を予言のごとく書き込み、その中のいくつかはすでに実現している。加えて、タイムマシンの存在を認めその設計図を開。パラレルワールドタイムパラドックスなどの理論をったことで信憑性が高まり、単なるイタズラではないかもしれないと注された。

2018年に現れた未来人YJは、Twitterで「質問は答えられる範囲で返します」として、ネットユーザーに質問を受け付けた。

テクノロジーに関する質問には、e-sportsについて「日本発の“ウァーグナー ゼロ”という電間で自らの体を動かして戦うガンゲーム世界的に流行しますね」と具体的な名称を告げた。AI進化には「“作るべきではかった”とだけ」、タイムマシンの存在有には「タイムマシン完成は一般的には言されておりませんが実はもう完成しています」と意味深な回答を残した。

内と世界情勢について、2075年に日本が存在しているかは「首都岡山になっていますがあります」と明言し、北朝鮮は「南北統一されくなっています」と回答した。2018年起こる事件には、「2018年の大事件ですか 1つは人工衛星の落下ですかね」とコメント南海トラフ地震の発生時期を「2024年8月に発生しました」と警告した。

さらには変わり種の質問にも回答しており、例えば、「童貞卒業出来るのでしょうか?」という個人的な質問には「童貞の概念はなくなります」という意表を突いた答えだった。これには、「童貞中退」という言葉が出るなど、盛り上がりを見せている。

Twitterでは、

ジョン・タイターやん!めっちゃ夢あるなぁ”
“あとジョンタイターもYJも言ってる首都岡山になるのなんか嬉しいわw”
ジョン・タイターみたいな出てきて奮してる自分がいる!!w”

奮するユーザーは多い様子。しかし一方で、

“くだらない質問ばっかには答えて技術的な面には答えない未来人YJくん。未来人で一番信用されたと言われるジョンタイターよりもガバガバ設定。”
“なんかTwitter未来人が現れたらしいけどジョンタイターみたいに説得持たせようってのがいから面くないなぁ(´・ω・`)

と説得に欠けると否定的な意見も少なくない。

5日には「急遽、2020年に行かなければならなくなりました」。「2020年1月1日に時間があればこのアカウントにてこれから起こる出来事を全てお話ししましょう」と告げ、「eE3mZlOPz1」と文字と「”未来への邂逅の鍵“とだけ言って起きましょう」(原文ママ)と言い残し、去っていた。しかし、8日には「未来人擬きが私のことを殺人ロボットだと広めてあらぬ誤解を招いてしまったので訂正するために帰ってきました。」と再び降臨している。

Twitterへの投稿的を「1. 協者を見つける為2.興味本意3.忠告の為」とっているYJ未来人か、現代人か、偽は定かではないが、新年ユーザーを夢中にさせた一件だったといえよう。
山中一生)

■関連リンク
YJ@YJ943636
https://twitter.com/YJ943636