1月8日放送の『レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系)にて、「居酒屋貴族』を貴族が集まるサロンと勘違いして面接を受けてしまい、そのままバイトして鶏肉を仕込んでいた人」が紹介され大きな反を呼んでいます。

番組に登場したのは、世界バイオリニストとして貴族や皇族の前で演奏していた鷲見恵理子さん。彼女バイオリン名門一族の生まれで、14歳米国の名門音楽院に留学。その後イタリアへ渡り、優バイオリン生活を送っていました。

ある時、が体調を崩し入院したことがきっかけで、日本に一時帰。留学時代はひと100万円の仕送りを貰っていた鷲見さんですが、一人でも生きていけるようになろうと決心します。たまたま「貴族 アルバイト募集中!!」の人を見かけた鷲見さんは、貴族という文字を見て高級店だと勘違いしたそう。履歴書の代わりにバイオリンの音がはいったCD演奏DVDを持って『貴族』の面接に直行します。店長は「食えなくなった音楽家くずれがバイトしに来たな」と思ったそうです。事に採用された鷲見さんは時給990円のアルバイトとして働き始めることになります。自分が『貴族』を勘違いしていることに気が付いたあとも、「自分が決めたことだから」と働くことをやめなかったそうです。

また番組内では、

バイトで使用した制服は毎回クリーニングに出していた。
ひき肉をこねる作業が先のパワーアップにつながり、バイオリンの技術が向上。
世界揮者とのミーティングとバイトダブルブッキング
バイト先のロッカーに数千万のバイオリンを置いていた。

といった『貴族』とバイオリン奏者の二重生活中に起きた仰エピソードも披露しました。

その後、に怪をすると本業に支障をきたしてしまうという理由で、9か続いたアルバイト生活に幕を下ろしました。次は本物の貴族が訪れる洋食店でバイトをしたいとのことです。

ネット上では、すごいなこの人の適応」「貴婦人」「漫画かよwwww」「何から何まで漫画のようなホントの話」といった様々な反応がみられました。浮世離れしたエピソードに驚く視聴者が多かった模様です。

―― 面未来、探メディアガジェット通信(GetNews)』