名古屋グランパスは9日、ブラジル人MFワシントン、MF和泉竜司と来季の契約を延長したことを発表した。

 昨年名古屋へ加入したワシントンは、昨季の明治安田生命J2リーグで29試合出場1ゴールマーク。J1昇格プレーオフにも出場し、1年でのJ1復帰に尽力したワシントンは、契約延長できた喜びを語っている。

「皆さん、お元気ですか。ワ! シン! トン!! です。名古屋グランパスで新シーズンを迎えられることになり、とても感動しています。我々選手たちは、ここまでチームとして築いてきたベースを大切にし、これからも監督、コーチのもと、とても成長できていると信じています。自分の特徴でもあるファイトする姿勢を全面に出し、勝利のために昨シーズン以上のハードワークを約束します。繰り返しになりますが、今シーズン名古屋グランパスプレーする機会を得ることができ、とても幸せです。すぐにJ1への準備が始まります。サポーターの皆さん、これまで通りの応援をよろしくお願いします」

 一方、現在24歳の和泉は、昨季のリーグ戦で39試合出場1ゴールを記録し、主力として定着した。和泉もまた、来季に向けた意気込みを公式ホームページに掲載した。

「今シーズン名古屋グランパスプレーできることを嬉しく思います。昨シーズンより成長した姿を見せられるように日々努力し、多くのファンサポーターの皆さんに勝利を届けられるよう頑張ります。今シーズンも皆さんの心強い応援よろしくお願いします」

名古屋と契約を延長したワシントン(左)と和泉(右) [写真]=Getty Images