東京オートサロン2018・SUBARUブースの注目は、まずSUBARUSTIの将来のビジョンを示すというコンセプトカーの「SUBARU VIZIV PERFORMANCE STI CONCEPT」です。同コンセプトカーは、2017年秋の東京モーターショーに出品された「SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」がベース

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

STIが約30年に渡って心血を注いできたモータースポーツ活動、そしてコンプリートカー開発などで培った様々なノウハウを込めたコンセプトカーです。

専用のフロントバンパーサイドシルスポイラートランクスポイラーは、STIコンプリートカーにふさわしいハイパフォーマンスを想起させるとともに、空力特性の向上により走行安定性を高めるなど、クルマ本来の性能にも磨きをかけ、高いレベルSUBARUが掲げる「安心と愉しさ」を実現するとしています。

詳細画像はこちら

SUBARUクルマ作りの哲学である「走りを極めれば安全になる」という考え方のもと、世界トップレベルの走りを目指し、情熱と夢を注ぎ込むSTIの「挑戦」をコンセプトカーとして具現化。

ほかにも見どころは満載です。走りの「愉しさ」や走行安定性を追求し、STIパフォーマンスパーツが装着された「レヴォーグ STI Sport -STI Performance-」、「SUBARU BRZ STI Sport -STI Performance-」のほか、モータースポーツ車両では「WRX STI NBR CHALLENGE 2016」「SUBARU BRZ GT300 2017」、東京モーターショーで発表された「S208」などの車両も展示されます。

詳細画像はこちら

上記の中でもファンから熱視線を浴びそうなのが、「レヴォーグ STI Sport -STI Performance-」と「SUBARU BRZ STI Sport -STI Performance-」でしょう。「レヴォーグ STI Sport」と「SUBARU BRZ STI Sport」に、STIレース活動や試験によって磨いてきた技術を用いて開発するSTIパフォーマンスパーツを装着したカスタマイズモデル

走行性能を引き上げるフレキシブルタワーバーやフレキシブルドロースティフナー、空力性能の向上を図るエアロパーツなど、ドライバーの意のままに操れるハンドリングと走行安定性をさらに高める、STIならではの高性能パーツを提案するとしています。

SUBARUブースでは、ほかにも「SUBARU×STIの歴史トークショー」と銘打ちと、STIの開発担当者やスバルモータースポーツの歴代ドライバーによるトークショーが行われるほか、モータースポーツのメカニックチームによるトークショータイヤ交換デモンストレーションが予定されています。

(塚田勝弘)

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

【関連リンク

SUBARUオートサロン特設WEBサイト
https://www.subaru.jp/tas/

SUBARUライブ配信SUBARU On-Tube
https://www.youtube.com/user/SUBARUOnTube

【東京オートサロン2018】SUBARUとSTIの将来を示す「SUBARU VIZIV PERFORMANCE STI CONCEPT」を披露(http://clicccar.com/2018/01/10/547394/)