歴代のアンダー曲+新曲4曲を収録した、乃木坂46初のアンダーアルバム『僕だけの君〜Under Super Best〜』が完成した。今作について語ってくれたアンダーメンバー鈴木絢音、寺田蘭世、樋口日奈から感じたのはどんな場所でも自己最高を目指していく、アイドルとしてのブレないモチベーションとプロ意識の高さ。その“アンダープライド”こそ、国民的アイドルグループとして成長してきた“乃木坂46プライド”。このグループの奥の深さを改めて実感した。

乃木坂46サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
10〜13日に掲載されるインタビューランキング記事下に4つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、13日に掲載されるプレゼント企画記事をチェック


乃木坂46アンダー楽曲をコンプリート!特に思い入れの強い1曲とは?

――初のアンダーアルバムリリースについて率直な感想を教えてください。
樋口 埋もれがちなアンダー曲をアルバムとしてまとめてもらえたことが何より嬉しかったです。
寺田 アンダー曲だけでひとつの作品を作れるっていうのは、それだけ乃木坂46の楽曲の層の厚さ、引いてはメンバーの層の厚さだと思うんですよ。
樋口 しかもアンダー曲はいわゆる王道のアイドル曲とはちょっと違う感じのものが多い。このアルバムをきっかけに、新たに乃木坂46を好きになってくれる人が増えたらいいなと思います。
鈴木 さらに曲を通して誰かのファンになるって流れを作ることができたら嬉しいですよね。

――特に思い入れの曲を挙げるなら?
樋口 新曲の「誰よりそばにいたい」。これはサビの歌詞が全部違っていて通して聴くとひとつの素敵なストーリーになっているんですよ。曲調もこれまでの乃木坂46にはなかったしっとりした感じなので、ぜひ聴いてほしいです。
寺田 私は初めてセンターやらせていただいた「ブランコ」。乃木坂46初のラップの入った曲ってこともあり、私にとってはすべてが挑戦の曲でした。あとDISC2の1曲目に収録されているのでCDをかけたときに「乃木坂46ラップ?」っていい意味で驚いてもらえたらいいかなと。
鈴木 私も自分が初めてセンターやらせてもらった、新曲の「自惚れビーチ」は思い入れが強いです。1月リリースなのにビーチ?海?って感じですけど(笑)、前回のアンダーライヴで歌ったときに、お客さんがすごく楽しそうに踊ってくれて。この曲が初センター曲で良かったなって思いました。

■やっぱり選抜に上がりたい!アンダーとして活動する中での本音を吐露

――今作も含め、毎年行われるライヴツアーなど“アンダー”の注目度は年々上がっています。その一方、個々でも躍進する選抜メンバー、新たに入ってきた3期生の存在もありますが、両者の間にいるアンダーメンバーの立ち位置について、どんな想いを持っていますか?
樋口 乃木坂46にいる以上、やっぱり選抜に上がりたい。だから私はライヴも含めてアンダーでの活動は自分がもっと上にいくための過程というか。ひとつのステップだと捉えています。
鈴木 私も、最近はソロのお仕事をしている選抜メンバーの代わりに歌番組とかに出演させてもらえる機会が増えたせいか、選抜に上がりたい想いがより強くなっていて。そのためにはアンダーライヴでもっと頑張り、力を蓄えていこうっていう気持ちです。
寺田 私は研究生もアンダーも選抜も全部経験しているのですが、どの場でもそこでしか学べないことがあると実感しています。特にアンダーライヴではアイドルの基礎を徹底的に訓練させてもらっていて、例えば歌がテーマライヴのときは生歌、2時間ノンストップで踊るときはダンスと体力作り、MC重視のステージではトークスキルと、毎回いろいろな部分を学ばせてもらっているんですね。そのおかげで選抜に入ったときも歌番組とかでは全然、緊張しなかった。そう考えると、どの立ち位置でも吸収できることがあるし、乃木坂46すごいって言ってもらえるのは選抜もアンダーも3期生も全メンバーがそうやって頑張っているからだなって思うんですよね。

――実際、アンダーライヴクオリティの高さには定評がありますよね。
樋口 それはライヴ経験だけではなく、選抜メンバーの代わりに歌番組に出たりして場数を踏んでいるおかげだと思います。すべてのポジションをできるよう対応力や柔軟性が上がっているというか。
鈴木 その一方でそれぞれ得意な分野も伸ばしているから、集まったときにさらにグループ全体が輝けるんですよ。
寺田 確かに、個々の能力を活かしながらライヴでひとつの物を創り上げていく力はアンダーならでは。団結力とか団体力はどこのアイドルグループより強いと思います。
樋口 でも、そこで甘えちゃいけない、ここに留まり続けたくないって気持ちもやっぱりあって…。

――それはアンダーメンバーの本音ですよね。活動している中で正直、くじけそうになることはありますか?
鈴木 あまりないかも(笑)。私の場合、趣味が多いので、気持ちが沈んだときはそっちに没頭すると自然に仕事も充実してくるんですよ。
寺田 私はネガティブなので日々、くじけているかも(笑)。でもそんな私でも誰かを笑顔にしたい、その為に頑張ろうって気持ちがあるから、どんな場所でも自分を見失わない気がします。
樋口 私も辛くなることはあるけど、よくよく考えるとやっぱり乃木坂46にいるのが心底楽しい。あと、常に“まだ自分は何もやれていない、このままでは終われない”って想いがあるんです。それはアンダーメンバー全員、同じだと思います。

文/若松正子

【インタビュー】乃木坂46「団結力、団体力はどこのアイドルグループより強い」輝きのヒミツは“アンダープライド”