17年はゴールデングラブ賞とベストナイン受賞も「出させてもらって頂いた賞」

「真の要になれるように」――。何度も、何度も、この言葉を繰り返す姿が印象的だった。1月9日。厳しい寒さの中、ファーム施設「HAWKS ベースボールパーク筑後」で行った自主トレを報道陣に公開したソフトバンク甲斐拓也捕手。2017年、一躍脚光を浴び、ゴールデングラブ賞とベストナインのW受賞という飛躍を遂げた男には自信も、余裕も皆無。危機感をありありと感じさせていた。 

「このオフが大事になると思っています。追い込んで、苦しんでやるべきことをやって、真の要になれるようにやっていきます。去年は試合に出させてもらって(Gグラブ賞とベストナインは)頂いた賞。使ってくれた監督に感謝していますし、野球で返せるように、そういう1年にしたいと思う。危機感もちろんありますし、安心感とかないですし、大丈夫だなんてこれっぽっちも思っていないです」 

 2010年の育成ドラフト6位で大分の楊志館高からソフトバンクに入団した甲斐。2013年オフに支配下登録された身長170センチの小柄な捕手にとって、2017年は人生の転機となる1年となった。キャンプからの懸命のアピールが実り、初めての開幕1軍の切符を掴むと、2016年の13試合を大きく上回るキャリアハイの103試合に出場。ベテラン高谷裕亮との併用ではあったものの、主に東浜巨千賀滉大という若い投手とコンビを組み、チーム日本一に導いた。

自主トレでは5種類のバットを試して“相棒”探し

 地肩の強さとフットワークスローイングの素早さは球界屈指で、幾度となく相手走者を刺して他球団の脅威になった。オフには「ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ」を戦った侍ジャパンメンバー入り。パ・リーグゴールデングラブ賞、ベストナインにも輝いた。育成選手ベストナイン受賞、そしてゴールデングラブ賞とのW受賞は史上初めてのことであった。 

 育成選手としての苦労を経ての、大きな飛躍。ただ、この1年間で、自らの足りない部分を痛感させられたのも事実だった。「意識してレベルアップしたいのはバッティング面」。207打数48安打5本塁打18打点、打率.232。先発出場しても、チャンスで打席が回ってこれば、早いイニングで代打を送られることも珍しくなかった。守備面やリード面も、もちろん大事だと分かっているが、より多く試合に出るためには、打力アップも必要不可欠だと考えた。 

タイミングの取り方であったり、フォームを見直して、振り込んでスイングスピードも上げていけたら。この時期だから試せることですし、振る力もつけていきたい」 

 試行錯誤の日々となる。ファーム施設での自主トレをスタートさせたこの日、早速、打撃投手相手にフリー打撃も行った。タイミングの取り方は、シーズン中とは違い“すり足”に。チームメートの中村晃日本ハムの松本剛と2種類の形の違うバットを使用し、感触を確かめ「(グリップが)タイカップ型(グリップエンドに向けて太くなっていく形)の方が感じはいいですね」。バットは今後、5種類ほどに増やし、最もしっくり来るもの選び抜いていく。

ハム近藤からは助言、1つのヒント

U-23の時にも、色々なバッターと話して聞いてきました」。侍ジャパンでの活動の中で、印象的だったのが、日本ハム近藤健介の話だったという。 

 今季、ヘルニアでの長期離脱があり57試合出場に終わったものの、打率.413を残した好打者。1学年下の後輩ではあるが、教えを請うた。「近藤はボールの内側を打つイメージで打っていると。体を開きたくないという話をしていて、バッティングも見てもらってアドバイスをもらったんです。確かにそうだなと思いましたし、自分のものに出来ればと思いました」。これが、1つのヒントとなるかもしれない。 

「自分が見たら、自分が打者なら怖くないですもん(笑い)。嫌な打者になりたい。今宮さんだったり、中村晃さんだったり。ああいうバッティングが出来るのは凄い。バッテリーは嫌だろうなと思いますし、穴を減らしていきたいですね。(賞は)嬉しいですけど、たくさんの力を借りて頂いたもので、僕だけの力ではない。成績も納得していない。まずはこのチームレギュラーに取れるように、このチームの正捕手になれるように。目標はそこなので」 

 もちろんリード面に関しても、空いた時間で昨季の映像を見返し、配球面を振り返るなど“脳トレ”も欠かさない。他の選手も球団施設ということもあり自主トレで使用しているが、その中でも甲斐は“単独”で自主トレを行うことに決めた。「やりたいことが出来ますし、足りないものを強化出来ると思うので1人でやることを選択しました。キャッチャーは特殊だし、キャッチャーの練習もしないといけない。自分の足りないところを追い込める時期なので」。真の要になるために――。厳しく己を追い込んでいく。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

真の正捕手を目指し自主トレに励むソフトバンク・甲斐拓也【写真:福谷佑介】