(ConstantinosZ/iStock/Thinkstock)

エコロジーへの意識が高くなった現在では、あらゆるものを再利用する人が増えている。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,344名に「エコについて」の調査を実施。

「使い古した下着をなにかに再利用したことがある」と答えた人は、全体で20.9%とさすがに少数であった。

■50代からのもったいない精神は下着にも

年代別では、50代から60代が比較的多くなっている。

下着を再利用年代別グラフ(©ニュースサイトしらべぇ)

年代が上がるほどに、もったいない精神が強くなるのだろうか。

「うちの布類は、すべて雑巾で役割を終える。もちろん、下着も例外なく」(60代・女性)

また布の中でも、パンツは雑巾に向いているとの声もある。

「柔らかい素材でできているから、パンツは掃除にけっこう便利」(50代・女性)

■パンツで磨かれた廊下なんて嫌

再利用しない人の中には、かなり潔癖症な人もいる。そんな人にとって、下着で掃除をするなんて考えられないことだという。

「『この廊下、実は下着で拭きました』とか言われたら、きっとそこから逃げたい気分になる。たとえ洗っていても汚いイメージがして、潔癖ぎみの私には無理」(20代・女性)

また、再利用をする行為に対して批判的な意見も出ている。

「なにもそこまで、使い倒さなくても…。他に雑巾にできそうなものなんて、いっぱいありそうなのに」(30代・女性)

■広がるブラジャーのリサイクル

大手下着メーカーのワコールでは、「ワコール ブラ・リサイクル」を毎年開催している。回収されたブラから再生資源の「RPF」を作り、製紙会社で活用する活動だ。

他のメーカーも、次々と下着のリサイクルサービススタート。「ブラジャーは捨てにくい」「下着の再利用はちょっと」と思っていた人にとっても、この取り組みはありがたいものだろう。

リサイクルの輪は、下着にも着実に広がっている。

・合わせて読みたい→下着は消耗品と考える人の意見 「服さえ経年劣化するのに」

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年12月15日2017年12月18日
対象:全国20代~60代の男女1,344名 (有効回答数)

使い古した下着の活用法とは? 各下着メーカーも取り組みを強化