BorisRabtsevich/iStock/Thinkstock)

年末年始のテレビ番組には、2017年ブレイクした芸人も多数登場し、お茶の間を楽しませた。

しかし、来年の正月も出演できるかはわからない。人気が落ちて「一発屋」に終わる芸人も、出てくるかもしれないのだ。

世間はどの芸人に「一発屋」の危険を感じているのか。しらべぇ編集部は独自に、2017年ブレイクしたと思われる芸人9組をリストアップ。

「ブルゾンちえみ・にゃんこスターかまいたちとろサーモンみやぞん・平野ノラ・サンシャイン池崎・尼神インター・アキラ100%

このうち、誰がもっとも一発屋で終わる可能性が高いと思うか、全国の20代〜60代の男女1,353名に調査。結果をランキング形式で紹介する。

■第5位:平野ノラ(3.5%)

5位は平野ノラ。バブリーな風を吹かし、年末年始も『笑点』(日本テレビ系)、『ウルトラマンDASH』(日本テレビ系)など、引っ張りだこだった彼女だが、そろそろ限界と感じている人も一定数いる様子。

高い運動神経や唯一無二のキャラクターで、「バブリー」に代わるネタを披露すれば、この声を覆すことができるか?

■第4位:ブルゾンちえみ(7.8%)

2017年ブレイク芸人 人気ランキング」で1位となったブルゾンちえみが4位。まだまだ人気が高く、年末年始も多くの番組に出演した彼女だが、生放送でのミスの多さやアドリブの弱さが目立つ。

さらに、1月1日放送の『ぐるナイ』(日本テレビ系)で「女のイヤはイヤじゃない」という新ネタを披露したものの、すでに一部から否定的な声が上がっている。

■第3位:サンシャイン池崎(8.1%)

絶叫系ギャグブレイクサンシャイン池崎が3位。空前絶後超絶怒涛のギャグで見るものを圧倒する彼だが、ワンパターンでそろそろ限界との指摘も。

そのような声を跳ね返すようなネタを、今後も見せ続けることができるだろうか。

■第2位:アキラ100%(13.1%)

2位は局部をお盆で隠し続けるアキラ100%。『R-1ぐらんぷり』(関西テレビ系)で一躍スターになった彼だが、「ほかの芸」が表に出てこないだけに、苦しいと見られているのか。

1月1日の『第51回爆笑ヒットパレード2018』(フジテレビ系)では、まさかの失敗。なんとか「露出」は避けることができたが、幸先の悪いスタートとなった。

なんとかこの状況を、打破してもらいたい。

■第1位:にゃんこスター(24.1%)

1位は「2017年ブレイク芸人 嫌いランキング」で1位となったにゃんこスター。2位以下を大きく引き離し、トップとなった。

年末年始の番組では、ほかのブレイク芸人に負けず引っ張りだこで、現在のところ人気下降の兆しは見えていない。

(©ニュースサイトしらべぇ)

ちなみに、34.4%は「いない」と回答。すべての芸人が、今後生き残っていけるだけの実力を有していると感じているのかも。

この中で、2018年も活躍し続けるのはどの芸人なのか。楽しみにしたい。

・合わせて読みたい→女子が選ぶ「嫌いな男性のファッション」ランキング 1位がリアルすぎる…

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年12月15日2017年12月18日
対象:全国20代~60代の男女1,353名(有効回答数)

もう飽きた? 2017年ブレイク芸人で「一発屋」に終わりそうなのは…