ラナ・デル・レイLana Del ReyアルバムLust for Life』収録の“Get FreeレディオヘッドRadiohead“Creepに類似していると訴えられたことについてデンバーで行われたライブで言及、さらにTwitterでもコメントしていた。 「訴訟は事実です。私の曲は“Creep”からインスパイアされたものではないけれど、レディオヘッドインスパイアされていると感じていて、100%の出版権を要求しています。数ヶ月に渡り、40%まで提案しましたが彼らは100%しか受け入れないようです。」とTwitterに投稿。レディオヘッド側が100%の出版権を要求していると発言していました。

レディオヘッドは『100%のみ受け入れる』とは発言していません。

しかし、〈Warner/Chappell〉のスポークパーソンが『Pitchfork』に声明を発表し、訴訟の存在を否定しています。明文ではラナ・デル・レイの代理人たちと昨年の8月から議論していたことや“Get Free”の音楽的要素に“Creep”のヴァースが含まれているのは明らかで、“Creep”の作曲者たちの権利を認めるように要求していたということを認めています。 しかし、ラナ・デル・レイが主張するようにレディオヘッド側が100%の権利を要求しているということに対してはきっぱりと否定し「誤解を正すと、訴訟は行われていませんし、レディオヘッドは彼らが“Get Free”の出版権の『100%のみ受け入れる』とは発言していません。」と誤解が生じているとしています。 ラナ・デル・レイTwitter

▼RELATED ラナ・デル・レイの“Get Free”が“Creep”に類似?レディオヘッドに訴えられる!

Copyright (C) Qetic Inc. All rights reserved.