映画『レミーのおいしいレストラン』の舞台、人気フレンレストラン「ラタトゥーユ」の出張店舗が、メディテレーニアンハーバーレストラン「ザンビーニ・ブラザーズリストランテ」前にやってきた!

【フォトギャラリー】TDSピクサー2018「レミーの “誰でも名シェフ”」

東京ディズニーシースペシャルイベントピクサープレイタイム」のショー、「レミーの “誰でも名シェフ”」の様子を速報レポート。

なぜか料理でなく大道芸がスタート!?

ショーが始まって登場するのは、ヘッドウェイターと、2人の見習いシェフ

フランス・パリの人気フレンレストラン「ラタトゥーユ」の出張店舗の出店を宣言。

レストラン「ザンビーニ・ブラザース・リストランテ」前ということで、ザンビーニ3兄弟との関係が気になりますが、大丈夫なのでしょうか。

ヘッドウェイターは、さっそくゲストにオーダーをとって、“本日のスペシャルコース” を作りはじめようとします。

が、肝心のシェフと、レミーがいません。

どうやら、フランス・パリの「ラタトゥーユ」本店から、まだ到着していない模様。

そこで張り切り出すのが、2人の見習いシェフです。

シェフが到着次第、すぐに料理できるように」と、下ごしらえ等を進めようとしますが、始まるのが、なぜか大道芸。

「君たち、そんな調理法を誰に教わったんだ、こらこら」「卵を持ってジャンプしないの、そんなの一般常識じゃないか」など、ヘッドウェイターが、いちいち面白いツッコミを入れます。

見ごたえはあるし、ゲストも盛り上がるものの、2人がそれぞれ勝手なことをするため、もちろん料理の支度はうまくいきません。

レミーたちが登場!

レミーたちが登場!

ヘッドウェイターが頭を抱えるなか、到着したのはスーシェフシェフ、そして『レミーのおいしいレストラン』の主人公、料理の天才ネズミレミーです。

スーシェフは、手伝おうとしてくれたのはわかるが、なんでこうなったんだ? と問いかけます。

シェフレミーの憧れのシェフ、グストーは、誰にでも料理はできると言っていた。だが料理には他にも大切なことがある。キッチンのスタッフは、自分の役割に責任を持つ。そして、チームワークで、働くんだ」

それを聞いたシェフは、みんなで一緒に料理を作ろうと提案します。

レミーと一緒に、ゲストも見習いシェフも一緒になって楽しく料理をすすめ、最後にはみんなで協力して作ったスペシャルフレンチコースが完成!

2人の見習いシェフは、協力しあい、お互いを尊重しあいながらの調理を認められ、「ラタトゥーユ」の出張店舗のシェフに昇格!

公演時間約20分! 見ごたえのあるショー

レミーの “誰でも名シェフ”」は、レストラン「ザンビーニ・ブラザーズリストランテ」前のステージで公演されます。

アトモスフィアエンターテイメントのようですが、座り見エリア(取材時は「入れ替え制」とのアナウンス)もあり、公演時間は約20分。

ドッグサイドステージで公演されているダッフィーフレンズ登場のショー「ステップ・トゥ・シャイン」が約20分、ハンガーステージアウト・オブ・シャドウランド」が約25分。

比較しても「レミーの “誰でも名シェフ”」は見ごたえのあるショーとなっていますよ。

東京ディズニーシー スペシャルイベントピクサープレイタイム」(2018年

レミーの “誰でも名シェフ

■公演回数
1日2~4回

■公演時間
約20分

■公演場所
メディテレーニアンハーバーレストラン「ザンビーニ・ブラザーズリストランテ」前)

■出演キャラクター
レミーのおいしいレストランレミー

©Disney / Pixar(撮影 / YOSHI

レミーの “誰でも名シェフ”|東京ディズニーシー「ピクサー・プレイタイム」2018年