1月10日(水)に放送されるスポーツドキュメント番組「今夜解禁!アスリート運命の1日 スポーツ名勝負の舞台裏」(テレビ東京系)に、横浜高校西武ライオンズボストン・レッドソックスで活躍した、松坂大輔選手が出演する。

同番組では、昨年ソフトバンクを退団した松坂選手に独占密着する他、“松坂世代”の最強バッター、巨人から戦力外通告を受けた村田修一選手のとある決断をする姿、箱根駅伝で活躍した選手のその後や、「ドーハの悲劇」の衝撃の事実、プロ野球史に残る伝説の死闘など、アスリートの人生を変えた“運命の一日”を軸に彼らの人生ドラマや知られざるエピソードに迫っていく。

ここ3年で1軍での登板はわずか1試合だが、現役続行に強くこだわる松坂選手は、彼の野球人生を左右する“運命の一日”、中日ドラゴンズの入団テストを控えて自主トレーニングとリハビリに励んでいた。

「また投げられない状況になってしまったら、そこで終わり…」と語る“平成の怪物”の悲壮な決意、そして彼の進退についてのドキュメントを送る。(ザテレビジョン

松坂大輔の現在の心境に迫る「今夜解禁!アスリート運命の1日 スポーツ名勝負の舞台裏」