冬季五輪史上最多8度目の代表目前…イタリアメディアも偉業に注目

 スキージャンプ男子の45歳、葛西紀明土屋ホーム)が2月の平昌五輪で代表入りが確実となった。8大会連続8度目という冬季五輪史上最多の偉業を目前にしたレジェンドは、イタリアメディアから「天空の神話」「崇拝される王者」と称賛されている。

「五輪選手KASAI、空の神話。8度目の参加」と葛西の偉業を特集したのは、イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」だった。

 W杯で派遣推薦基準を満たした葛西が7日に平昌五輪の代表入りの意向を発表したことを伝え、「平昌五輪で45歳のこの日本人は冬季五輪8度目の参加となる。単独首位だ」と偉業を称賛している。

「まだ五輪選手として競技に参加できることが嬉しいし、感動している。この歳でもまだ向上できることに驚いている。でも多分それはわかっていた。空を飛んでいる時、僕は幸せな気持ちだから」という葛西の向上心溢れるコメントも紹介している。

 記事では、1992年のアルベールビル五輪でデビューした葛西が、リュージュのトリノ五輪銀メダリスト、アリベルト・デムチェンコ(ロシア)と並び、14年ソチ大会で7大会連続出場を果たしたが、デムチェンコは昨年12月にソチ五輪でのドーピング違反が発覚し、永久追放が決定。その後に引退したために単独トップとなった経緯とともに、葛西がソチ五輪個人ラージヒルで獲得した銀メダルが94年のリレハンメル五輪以来、自身20年ぶりの表彰台だったこともレポートしている。

親子レベルの年齢差に注目「まだ生まれていなかった選手とも対決する」

カミカゼ・カサイ」という異名を冠せられたレジェンドは平昌の舞台で20歳以上、年齢の離れたライバルメダルを賭けて争う。同紙では「感動。記録的なスキージャンプ選手の葛西は彼が世界を舞台に大飛翔していた頃、まだ生まれていなかった選手とも対決する。雪の五輪では誰もこれほど参加記録を持っていないのだ」と驚きを伝えた。

 葛西の偉業を巡っては、米テレビ局NBCスポーツ」も「ノリアキ・カサイは冬季五輪記録となる8度目の出場を決める」と特集。「葛西は45歳だ。そして、彼のオリンピックデビュー1992年のアルベールビルだ」と足掛け26年に渡る驚きのキャリアが紹介するなど、海外でも大きな注目を集めている。

 正式な代表メンバー発表は11日。世界中から敬意を込めた眼差しが注がれる“天空の神話”葛西。8大会目の五輪の舞台で2大会連続のメダルという栄光を手にできるだろうか。(THE ANSWER編集部)

スキージャンプ男子の45歳、葛西紀明【Getty Images】