インテルナポリが獲得を目指すスペイン代表FWジェラール・デウロフェウについて、所属先のバルセロナが、移籍金を2000ユーロ(約27億円)以上に設定したと、イタリアメディアSportitalia』が9日に報じた。

 デウロフェウについては、インテルが獲得に本腰を入れているものの、買い取りのオプションが付くレンタル移籍でのオファーとあって、バルセロナ側は納得していない状況。一方で、ナポリも獲得に乗り出していることが明るみに出ている。ナポリは完全移籍での獲得に意欲を見せているが、こちらはボローニャに所属するイタリア代表FWシモーネ・ヴェルディの獲得が最優先事項となっているようだ。

 さらに、デウロフェウに対しては、セリエAクラブのほか、セビージャも獲得レース名乗りを挙げた模様。今冬の移籍市場で、バルセロナ定位置を失いつつあるデウロフェウが新天地に移るとの見方は次第に強まっている。

複数クラブから注目されるデウロフェウ [写真]=Action Plus via Getty Images