鹿島アントラーズに復帰したDF内田篤人が10日、2018シーズンの新体制発表会に出席した。

 ドイツのウニオン・ベルリンから完全移籍で復帰した内田は、背番号「2」に決定。かつて在籍した時と同じ番号を背負って臨む、8年ぶりのJリーグに向けて意気込みを語った。

2010年まで鹿島でプレーさせてもらって、リーグ優勝も経験させてもらいました。鹿島はシャーレ(優勝トロフィー)がよく似合うチームだと思います。昨年は惜しくも優勝を逃してしまったので、ぜひ今季は全員で優勝を目指したいです。ドイツでプロサッカー選手とは何かを、自分の体を使って学べました。向こうで得られたことををチームの若い選手に示せるように頑張ります」

 前回在籍時にともに戦い、現在もチームの支柱であるGK曽ヶ端準とMF小笠原満男についても触れた。

「ベンチには大岩剛監督が座っているし、一緒に戦った選手もいます。小笠原さんと曽ヶ端さんは以前より優しくなりました。柳沢敦さんとか中田浩二さん(両名とも鹿島のOB)とは違った意味で丸くなったと思います」

 すでに内田は鹿島の練習に参加し精を出している。背番号「2」が躍動する姿を見るのはそう遠くない。

鹿島アントラーズに復帰した内田