大宮アルディージャが10日、昨季まで名古屋グランパスに所属していたスウェーデン人FWシモビッチを完全移籍で獲得した。

 加入に際し、シモビッチは大宮のクラブ公式HPでコメントを発表。新天地での意気込みを述べている。

大宮アルディージャへの加入をうれしく思います。NACK5スタジアム大宮のファンサポーターの前でプレーし、チームのJ1復帰に貢献するのが楽しみです。全てのファンサポーターの皆さま、一緒に我々の旅路をサポートしてください!」

 シモビッチは現在26歳。身長199センチ・体重92キロという体格を誇る。2016年名古屋へ加入すると、同年の明治安田生命J1リーグでは、降格したチームにおいて29試合出場11ゴールと奮闘。昨季はJ2で40試合に出場し、チーム内得点王となる18ゴールリーグ6位タイ)をマークしている。J1昇格プレーオフでも2試合で3得点を挙げ、名古屋のJ1昇格に大きく貢献していたが、昨年12月26日に契約満了に伴う同クラブ退団が発表されていた。

 1年でのJ1返り咲きを目指す大宮にとって、実績十分のストライカー加入は好材料となりそうだ。

大宮への加入が決まったシモビッチ [写真]=Getty Images