海外TVドラマ界のヒットメーカー、そして名プロデューサーのションダ・ライムズが製作総指揮、全米の“ファッションアイコン”とも言われ注目を集め続けている女優ケリー・ワシントンが主演を務める、ホワイトハウスを舞台に繰り広げられる禁断のラブ・サスペンススキャンダル」。そのシーズン5が1月10日より、DVDレンタル&発売、全話一挙デジタル配信開始となった。このリリースを記念して、DVD Part3に収録のボーナス映像から、NGシーン集の一部が解禁されている(https://www.youtube.com/watch?v=dzXM28iaYJ4)。

アメリカの首都ワシントンを舞台に、セレブの醜聞をもみ消す美しくも最強のフィクサー、オリヴィア・ポープの波乱に満ちた活躍を描いた本作は、実在の女性危機管理コンサルタント(フィクサー)がモデル二転三転するサスペンススキャンダラス過ぎる人間関係…そして驚愕のストーリー展開の連続が話題を呼び、日米で絶大な人気を誇るロングランヒットドラマシリーズだ。

シーズン5では、とうとうグラン大統領の愛人だと認めざるを得ない状況に追い込まれた主人公オリヴィア。なんと「大統領の正妻メリー大統領選出馬を補佐する」立場に回るという戦術で、非難の矛先を上手くかわしたように見えたのも束の間、誰よりも敏腕で狡猾なオリヴィアの実力をもってしても、予測不可能な事態が次第に彼女を追い詰めて行く……。

クールでタフなオリヴィアが着用するファッションには、プラダフェラガモ、グッチなどの一流ブランドが多数登場し、全米の女性の憧れの的となっている。このたび解禁となったNGシーンでは、その女性たちが憧れる“ファッションアイコン”、ケリー・ワシントンの意外な素顔が垣間見ることができる。

オリヴィアを演じるケリーは、セリフを間違えればおどけて見せたり、不意に電話が鳴れば思わず笑ってしまったりと、おちゃめな姿も。さらに、ジェイク役のスコットフォーリーが本番だけでなくリハーサルでも唇にキスしなくてはいけないのか、と渋ると、ケリーは「もっと感情移入する人もいる」と冗談交じりに突っ込みを入れてニンマリ。“ファッションアイコン”が見せる素顔はファンならずとも必見だ。

そのほか、常にシリアスな演技を要求されるキャスト陣もユーモラスでチャーミングな一面を見せ、緊張感溢れる本編ストーリーとは違い、撮影現場の和やかな雰囲気が伝わるNGシーンになっている。

スキャンダルシーズン5は、1月10日よりDVD第1弾レンタル開始、DVD Part1発売(4,700円/税別)、全話一挙デジタル配信開始。1月24日よりDVD第2弾レンタル開始、DVD Part2、Part3(4,700円/税別)発売。