ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

【簡単に説明すると】
仮想通貨取引所『Zaif』が不正出金被害続出
・運営が公式サイトで認める
・警察も連絡が取れない状態

Zaif 不正出金被害の報告

仮想通貨取引所『Zaif(ザイフ)』による不正出金被害が相次いでおり、被害報告がTwitterに報告されている。

Monappy』を運営している剣ヶ峰Pも被害を訴えており、「ニヤニヤしてんじゃねー! こちとら7000monaいかれとんねん!」と怒りを露わにしている。

肝心の『Zaif』はウェブサイトに不正出金に対する報告を10日付けで掲載。そこにはAPIキーの不正利用および不正アクセスに関する報告が掲載されている。

10名分のアカウントが不正出金されたことの確認、9名分のアカウントで不正注文が発行されたことを確認しているという。いずれも海外のホスティング会社のIPアドレスから接続。

テックビューロのサポートに問い合わせてもまともな返事が貰えず、警察に被害届けを出すも、警察も連絡が取れない状態だという。仕方なく文書で郵送することになったという。

本件に関する不正出金以外にも昨年12月にも似たような事例が報告されており。740万円あずけていたら、残高が40万円になっていたと報告。しかし社長は「そんな取引見当たらない」と反論。今回の不正出金被害を見ると、昨年12月の不正出金被害も本当だったのではないだろうか。

大阪西警察署に取材したところ、明日(2018年1月12日)に詳しく調査するとのこと。

関連:仮想通貨取引所『Zaif』に740万円くらい預けていたら残高が40万円に 社長が登場「そんな取引見当たらない」

不正出金被害者

不正出金被害者