最強」「最終兵器」と名高い任天堂法務部が新たな訴訟に踏み切りネットで話題となっている。同社はスマホ向けゲーム提供するコロプラに対して、「白猫プロジェクト」の差し止めと44億円の損賠償を請する訴訟を起こしたという。コロプラ1月10日明らかにした。

コロプラ「当社のゲームが任天堂の特許権を侵害する事実は一切無い」

任天堂がコロプラを提訴

コロプラ企業サイトで発表した文書によると、同社は昨年12月22日任天堂から特許権の侵を理由に提訴されたという。訴訟に至った経緯について、次のように説明している。

「(任天堂から)平成28年9月に、当社のゲーム任天堂保有の特許権を侵するとの摘がありました。それ以来、1年以上にわたり時間をかけて摯かつ丁寧に、任天堂特許権を侵しないことを説明してまいりましたしかしながら、当社の考えが任天堂に受け入れられるには及ばず、訴訟を提起されるに至ったものです」

特許権を侵しているか否かについて、両者の間で食い違いがあり、訴訟に発展したということのようだ。同社は、

「当社は、当社のゲーム任天堂特許権を侵する事実は一切いものと確信しており、その見解の正当性をしていく方針です」

としている。今後裁判で争っていくつもりのようだ。

日本経済新聞によると、任天堂は「タッチネル上でジョイスティック操作をする際に使用される特許など5件が侵されている」としているという。

「強いぞぉ任天堂法務部は……。大抵の場合勝てる戦いしかしないし……」

任天堂法務部はこれまでも数々の訴訟に勝利し「最強」と称されている。過去報道を見ると、1982年には映画会社ユニバーサル・スタジオから、任天堂の「ドンキーコング」が「キングコング」の商標を侵しているとして訴えられたものの、見事勝利を勝ち取っている。

このとき、任天堂側は、ユニバーサル・スタジオがそもそも訴える権利を持っていなかったことを突き止めた。キングコングの権利関係は複雑に入り組んでおり、ユニバーサル・スタジオは「キングコング製作時に商標権を取得できていなかったのだ。

また、携帯ゲーム機ニンテンドー3DS」が特許を侵しているとしてトミタ・テクノロジーから提訴されたこともあったが、2016年には特許はなかったという判断が連邦地裁によって下されている。

他にも、2008年には他のゲームメーカーと共同で、ゲームソフトを不正にコピーしたデータを利用できる「マジコン」の輸入販売御者を提訴。2013年東京地裁が、輸入販売の差し止めと業者に約9500万円の賠償支払いを命じる判決を言い渡した。一部の業者が控訴・上告していたが、最高裁は2016年に上告を棄却。任天堂側の勝利に終わっている。

こうしたことから、ネットでは、

任天堂の法務部って強いって話だからなぁ」
「強いぞぉ任天堂法務部は……。大抵の場合勝てる戦いしかしないし……」

と言ったが上がっている。

とはいえ同社法務部も負けたことがないわけではない。同社は、マリオカートに模した公道カートレンタルを手がける「マリカー」の商標取り消しを申請したものの、2017年1月特許庁に棄却されている。「白猫プロジェクト」はどうなってしまうのだろうか。