初のアンダーアルバム『僕だけの君〜Under Super Best〜』が発売中の乃木坂46。幼少期から観ていて、日々いろいろなことを教わっているという『仮面ライダー』の好きなシリーズについて鈴木絢音が教えてくれました。ライダーを演じる役者より、作品そのものが好きとのことで、活き活きと話す姿が印象的♪“仮面ライダー愛”をたっぷりお届けします!!

乃木坂46サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
10〜13日に掲載されるインタビューランキング記事下に4つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、13日に掲載されるプレゼント企画記事をチェック

【1位】『仮面ライダー電王

ライダーシリーズは子供の頃から観ていて、プリキュアごっこよりライダーごっこをして遊んでいました。中でもお気に入りは電王で、イマジンっていう幽霊みたいなものが何人かいて、毎回その中の誰かが憑依して戦うっていう設定がおもしろい。つまり誰かと協力しないと戦えない“弱いライダー”なんですよ。そこに人と助け合うことの大切さとか、弱くても誰かと一緒なら頑張れるっていうメッセージ性を感じる。なるべくしてなった仮面ライダーではあるけれど、完全無欠じゃないところに魅力を感じます。

【2位】『仮面ライダードライブ

最近のシリーズなのですが、ライダーなのにバイクじゃなくて車に乗っちゃう設定が新しい。私はガンプラとかも好きなのでメカニックな部分も注目して観るんですけど、タイヤがたすきのように巻きついているスーツとかが斬新すぎていい(笑)。その格好のままライダーカーに乗る姿を見て心を打たれました。バイクに乗らないライダーはほかにもいたけど、自分で運転するのは多分ドライブが初めてで、すべてが新しく奥が深いシリーズだと思います。

【3位】『仮面ライダー響鬼

響鬼はほかのライダーとはちょっと違っていて、変身のポーズをしてもすぐに変身できない。毎回、鍛錬を積んでいろいろ頑張って、その結果やっと仮面ライダーになれる“苦労人”なんですね(笑)。そんな響鬼から、日々のトレーニングを忘れてはいけない、教訓や努力を積み重ねていくことの大切さを教わりました。このシリーズも含めて『仮面ライダー』には学べるポイントがたくさんあって、乃木坂46に入ってからもずっと励まされているんですよ。

気付きと学びを得る私のバイブル!乃木坂46・鈴木絢音が好きな『仮面ライダー』シリーズBEST3