NFLブラウンズのギャレットNBA顔負けの豪快ブロックダンクを阻止

 米アメリカンフットボールNFLで、クリーブランド・ブラウンズに所属するマイルズ・ギャレットが他競技でもその才能を見せつけた。オフに行ったバスケットボールで驚異的な跳躍からダンクブロックNBA選手顔負けの豪快ぶりを、米メディアが「まるでモンスターだ」と動画付きで紹介すると、ファンから「こんなの今まで見たことない」「彼は浮いている」「アンリアル」と声が挙がるなど反響を呼んでいる。

 まるで鳥人のようだった。米スポーツ専門放送局「ESPN」のスポーツ情報番組「スポーツセンター」は今日のトップ10プレーの一つとして動画を公開。映像はギャレットダンクを迎え撃つ構図だが、タイミングを合わせてゴール下から飛び上がると、瞬く間に相手よりも高い位置に到達し、目いっぱい腕を伸ばす。エビぞりのような体勢から振り上げた手は、305センチの高さに設置されたリングはるか上を行き、向かってくるボールをジャストミート。ダンクを“ハエ叩き”のように撃ち落として見せた。

 これには、見守っていた仲間たちも大興奮。身長193センチ、体重123キロの巨漢が宙を舞う様子をスポーツセンターの公式ツイッターが「マイルズ・ギャレットはまるでモンスターだ」と動画付きで紹介すると、ファンからは驚きの声が次々と上がった。

過去に垂直跳びで104cmを記録…「こんなの今まで見たことない」とファンも衝撃

「アンフェアだ、彼は浮いているじゃないか」

「彼はキャバリアーズでプレーできるよ」

「彼をNBAショットロッカーにするんだ」

アンリアル」

「レブロンより上」

「こんなの今まで見たことない」

 鳥人のような驚異的な跳躍に感嘆する声のほか、クリーブランドを本拠地とするブラウンズでプレーしていることから、NBAキャバリアーズへの入団を勧める者や“キング”と呼ばれるレブロン・ジェームズと比較する者もいた。

 米カレッジ専門メディア247Sports.com」によれば、ギャレットは昨年のNFLドラフト前の身体測定時、垂直跳びで41インチ(約104センチ)をマークしていたという。これはレブロン・ジェームズの40.3インチ(約102センチ)を上回りで、NBAでもトップクラスの数字。2017年ドラフト全体1位指名を受け、12月29日に22歳になったばかりの怪物は、改めてその才能を全米中に証明している。(THE ANSWER編集部)

NFLブラウンズに所属するマイルズ・ギャレット【写真:Getty Images】