カジュアルアメリカスタイルをグローバルに展開するアパレルブランド、Gapを運営する、ギャップジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:スティーブン・セア、以下ギャップジャパン)は、2018年2月4日に関西最大級となるGapストアを兵庫県神戸市三宮にオープンすることを発表しました。

Gap三宮店は、神戸の交通網が集まる神戸三宮駅にほど近い神戸三宮センター街に位置し、関西最大の売り場面積及び品揃えを誇る、同エリアの旗艦店として生まれ変わります。店内は4フロアの売り場があり、1、2階がウィメンズ、3階がメンズ、4階がキッズベビーフロアとなり、各階は商品カテゴリー別に分類し、お客様がショッピングしやすいデザインを追求しています。最大面積を占めるウィメンズフロアでは、Gapブランドを象徴するアイテムであるデニムを集めたデニムショップ、トレンドをつかんだアクティブウェアのGapFit、また上品で美しい感性をもちながらも、健康的、かつ着心地の良いインナー、ルームウェアのGapBody各商品がフルラインで登場します。メンズキッズベビーフロアもフラッグシップ級の品揃えとなり、関西のみならず西日本最大級のコレクションが並びます。

ギャップジャパン代表取締役社長、スティーブン・セアは次のように述べています。「ビル再開発に伴いクローズしたGapストアを、三宮の同じ場所でさらに進化させて再びオープンできることを大変嬉しく思います。この三宮店は、現在全世界で展開しているGapブランドの全てを体験いただけるストアとなります。今後、ギャップジャパンはこの三宮フラッグシップストアのオープンを皮切りに、重要な関西エリアビジネス拡大にさらに注力してまいります」。

Gapは、これからも魅力ある商品、さまざまなストアイベントを通じて、楽しいショッピング体験を提供してまいります。

###

<店舗詳細>
Gap三宮店:  2018年2月4日(日) グランドオープン
所在地: 兵庫県神戸市中央区三宮町1丁目7番5号
電話番号: 078-335-5230
営業時間: 11:00 – 21:00
取扱商品: メンズ、ウィメンズキッズベビー向けの衣類および小物
店舗面積:  1,280平方メートル

Gapについて
Gapは世界で最もアイコニックなアパレル、アクセサリーブランドであり、アメリカカジュアルスタイルブランドのオーソリティです。1969年サンフランシスコで生まれたGapのコレクションは、全てのデニムクラシックホワイトシャツ、カーキ、そして必須のトレンドアイテムまで幅広く展開し、モダンワードローブの基礎を築くためにデザインされています。1987年ロンドンを皮切りに海外進出を開始して以来、Gapはオンラインおよび直営とフランチャイズ合わせて1,600以上の世界中のストアでカスタマーと関わり続けています。Gapではウィメンズメンズのアパレルとアクセサリー、GapKids、babyGap、GapMaternity、GapBody、GapFitといったコレクションを展開しています。Gapブランドはまた、Gap OutletとGap Factory Storeのために特別にデザインされたコレクションを価格重視のカスタマーに向けて提供しています。GapはGap、Banana Republic、Old Navy、Athleta、Intermix、Weddington Wayを傘下に持つ世界有数の専門小売企業、Gap Inc. (NYSE: GPS)の社名を冠したブランドです。詳しくは、www.gapinc.comをご覧ください。

ギャップジャパン株式会社について
ギャップジャパン株式会社はGap Inc. (本社:米国サンフランシスコ) の日本法人であり、Gap、Banana Republicのブランドを通して、メンズ、ウィメンズキッズ向けのウェア、アクセサリーパーソナル・ケア製品を展開しています。1995年東京・銀座にGap1号店、2005年Banana Republic1号店をオープンし、現在両ブランドをあわせ、200以上の店舗を運営しています。Gap, Banana Republicの商品はオンライン販売( www.gap.co.jp/ www.bananarepublic.co.jp.) でも商品を提供しています。

配信元企業:ギャップジャパン株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ