昨年12月Amazonの『サイバーマンデーセール』で先行発売されていたFitbit初のスマートウォッチFitbit Ionic』が、1月18日に発売されることが発表されました。本日からAmazon、『ビックカメラ.com』、『ヨドバシ.com』で先行予約の受付を開始し、価格は3万6000円(税込み)。

Fitbit Ionic』は、心拍計『Pure Pulse』による心拍数計測、GPS、歩数や睡眠の計測、エクササイズの自動認識、運動を促すリマインダーやスマートフォンの通知といった活動量計の機能を搭載。パーソナルコーチング機能、2.5GBのストレージに300曲以上を保存できる音楽再生機能が利用できるほか、“クロックフェイス”と呼ぶ文字盤やアプリインストールしてカスタマイズが可能。

昨年11月には、アプリ開発者とユーザーを集めたカンファレンスでお披露目されています。

参考記事:
Fitbit初のスマートウォッチFitbit Ionic』は2018年1月発売へ アプリ開発者とユーザー集めたカンファレンスでお披露目
http://getnews.jp/archives/1967424

Fitbit Ionic』向けのFitbit OSのアップデートも発表されました。これにより、60以上のアプリ100以上の“クロックフェイス”が提供されるとのこと。提供予定のアプリの中には、ローカルガイド『Yelp』、ニュースアプリの『Flipboard』、トラベルアプリ『TripAdvisor』、配車アプリ『Uber by Fitbit』などがリストアップされています。

2018年3月~4月には、音楽サービス『Deezer』との提携により、ユーザースマートフォンを持たずにストリーミング音楽を持ち歩ける『Deezer』アプリの提供も予定。2019年には、ユーザーのお気に入りのプレイリストワークアウトプレイリストのほか、データ分析と人力のキュレーションを組み合わせたサウンドトラックFlow”を利用可能にするとのこと。

本体カラーは、ブルーグレーシルバーストレートブルーバーンオレンジ、チャコール&グラファイトの3色をラインアップします。

―― 面白い未来、探求メディアガジェット通信(GetNews)』