どんなでも通勤時間は「厳しい環境」である場合が多く、特に日本通勤列車地獄といっても過言ではないほど、多くの人たちが理やり詰め込まれ、呼吸困難になるほどの乗率で走る。

毎日通勤時間に落ちて亡くなる
しかしながら、そんな日本通勤列車イージーに思えるほど過酷な都市がある。インド都市ムンバイだ。ここは1日800万人が鉄道を利用し、通勤時間になるとホームから人が落ちてもおかしくないほどに人が集まる。「よく線路に落ちないな」と思うほどの人ごみだが、1日10人以上の人が通勤時間に落ちて亡くなっている。


・混みすぎて戦意喪失
毎日この通勤列車に乗っているというプラムティワリさん(29歳)は、あまりにも混みすぎて列車に乗るのをあきらめる人もあるという。つまり混みすぎて戦意喪失となり、会社に行けないわけだ。彼は15年以上もこの列車に乗っているが、いまだに毎日恐怖を感じているという。

・命が危ない地獄通勤列車
驚きなのが、彼は往復で合計5時間も混雑した列車の中で過ごしているという点。単なる通勤列車ではなく、命が危ない地獄通勤列車、あなたは耐えられる自信はあるだろうか。そもそも、乗る自信はあるだろうか。

もっと詳しく読む: 世界一混雑する通勤列車の動画がヤバイ / 混みすぎて会社に行けないこともあるハードモード(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/01/11/mumbais-local-trains/