人と結婚相手にめることは、似ているようで少し違います人の時には気にならなかったことでも、結婚後に気になってしまうことも。よい関係を保つヒントをご紹介します。

見たはやっぱりキレイでいて

男性の本音としては、見たがキレイな人を人やさんにしたいと思う人が多いようです。人と結婚相手で見たに関してめる条件はどのように違うのでしょうか。
まず人であれば、から見てもキレイでカワイイ人を彼女として選ぶ傾向があります。学生時代の恋愛がわかりやすいと思いますが、見たがカワイイ子ってモテませんでしたか? そういう子は常に男子人気者だったかもしれませんね。
それでは、結婚でいうキレイな人とはどんな人のことをすのでしょうか。結婚生活では、共働きや子育てなどで忙しく、妻は自分のことに人時代のようにお金も時間もかけられません。面倒になると「コンビニジャージで出かける」「ノーメークでも気になる」など、女子力がどんどん低下します。
つまり、生活の変化が見たにも影するということです。いつまでも、妻として女として見られるための努は、惜しまないようにしましょう。

優しさを忘れないで

「優しい人が好き」という言葉はよく聞くことと思われますが、「人にする場合の優しさ」と「妻にめる優しさ」にも違いがあることを覚えておきましょう。
人どうしであれば、心の支えになってくれる、いつでも会ってくれるなど、男性は自分に対する彼女の行動に対して優しさ感じることが多いでしょう。ストレスのたまる仕事をしている男性も多く、彼女に一生癒されたいと思って結婚を考えることもあります。
一方で、結婚して妻にめる優しさについて考えてみたいと思います。夫は時に一人で気ままに過ごしたいと思うこともあります。そのような時、放っておいてあげることが優しさになります。
また、子どもができて、優先順位が子ども中心になりがちです。そんな時でも、子供と同じように、夫の様子にも気にかけてあげる優しさが大切です。

安らげる環境を作って

同棲している人」や「結婚して一つ屋根の下で暮らしている人」に、環境面で気をつけたいことをお伝えします。
男性は心を癒せる場所をめています。仕事から帰ってきたら、散らかったままの部屋や洗濯物が干しっぱなし、掃除をしていないなど、清潔感のない部屋では落ち着くことができません。女性にも忙しい人が多いと思われますが、できれば男性が安心できる部屋づくりをしてあげるほうが望ましいでしょう。
整理整頓が苦手な人は一緒に協して行うのもよいですね。生活感丸出しの部屋では、ラブラブな気持ちも冷めてしまいます。

気を引き締め、男心もギュッ

人同士では、見ただけでも成り立つこともありますが、結婚生活を続けるには内面も非常に重視されます。「夫が女として見てくれない……」と嘆く妻もいると思いますが、夫のせいだけではなく妻の行動も見直す必要があるかもしれません。
結婚したあとは、気のゆるみから生活感が出てしまいがちですが、ファッション雑誌などを見て、できる範囲で努してみてはいかがでしょうか。 (西園寺さくらライター

カツ編集部)

Young japanese couple spending time together in Tokyo