ジャンクフードと言えば々が大好物の食文化であり、ファーストフードスナック菓子コーラなどありとあらゆる大好物がジャンクフードとされております。そんなジャンクフード、薄々「コレはカラダに悪いんじゃないか」と感づき始めているわけですが、実は体に悪いだけではなく別の問題もあるようです。

うつ病が増えている?



オーストラリアメルボルンのRMIT大学ロイヤルメルボルン工科大学)の研究によりますと、最近若者のうつ病患者の割合が急上昇しているとのことです。原因としては「ネットいじめ」「炎上」などが原因ではないかと言われてきましたが実はそうではなく「ジャンクフード」が関係していると説明しております。

研究者であるリスティン・カラン(Christine Curran)いわく、これらのジャンクフード製品は精健康リスクをもたらす「ドーパミン」を増加させ、の発達を阻するということです。

また、若者たちのジャンクフードアルコールと混同し、ある意味をしているのと同じような状況であると説明しております。

さらに同大学、アミィリチェルト(Amy Reichelt)博士は、ジャンクフード肥満増加だけでなく、十代のにも悪いことになるとっております。

食事のバランスが悪くなると、思期の成熟プロセスが損なわれ、神経発達に影を及ぼし、食欲不振や衝動的な行動を起こす可性があるということです。


ーどうすればいいのか。

もはや世の中はジャンクフードで溢れております。この状況を全く停止させることなどもはや不可能ではありますが、彼らを救うために良い方法は「運動をすること」だということです。

薄々感づいていたジャンクフードは体に悪い説。
ただし彼らん研究結果で疑問なのが、果たして何がジャンクフードとみなされるのか。
これが明確にならなければ々は気をつけようがないのです。

画像掲載元:ぱくたそ・GATAGフリーイラスト素材

掲載元http://www.dailymail.co.uk/health/article-5191647/Is-junk-food-worsening-teen-depression.html

サンデーたまちゃん

画像が見られない場合はこちら
若者がジャンクフードを食べ過ぎると「うつ病」になりやすいと研究者主張