社内恋愛カップルは、応援したくなるような爽やかカップルと、鼻に付くウザカップルの二つに分類することが出来ます。
同じ職場に付き合っている男女がいると、何かと気を使ったりしなければならない為、二人の事を負担に思ってしまう方も少なくはないはずです。
そこで今回は「守るべき社内恋愛における暗黙のルール」をご紹介いたしますので、現在社内恋愛中の皆さんはウザカップルに属さないよう参考にしてみて下さい。

1:プライベートを持ち込まない

これは基本中の基本です。ケンカをしている為に、お互いが険悪なムードを醸し出していたり、仕事慢出来ずいきなり泣き出してしまったり等、周りが気を使わざるを得ない状況にさせる事は絶対にNGです。
また逆に何かとイチイチャしたりするのも同様です。
職場とプライベートの切り替えがしっかり出来ないのは致命的です。

2:自分から彼の話はしない

二人の話は、聞かれたら話す程度にしましょう。自分からベラベラ話すのはNGです。
彼も勝手にプライベートの話をされるのは良く思わないでしょう。
あなたが恋愛相談のつもりで喋った内容があっという間に社内の噂になってしまう可性もあります。また、話す相手によっては、それが彼の評価に直結してしまいますので、内容にはくれぐれも気を付けましょう。

3:休暇を取る時は周りに配慮する

旅行などで長期休暇を取る際は必ず状況を判断し、極周りに負担をかけない時期を選びましょう。皆が有給を使いたい時期に何も考えず二人でバカンスに出掛けたりすると周りの反感を買う大きな要因になってしまいます。
「休みを取ろうと思うのですが皆さんの予定はどうですか?」と一言、をかけるだけで随分と印は変わるものですよ。

いかがですか?
周りが笑顔で見守ってくれているからと言って油断すると、すぐにウザカップルに属してしまいます。注意してくれる人は、ほとんどいませんよ
二人でしっかりと線を引いて爽やかカップルしましょう。(斎藤奈々子/ライター

カツ編集部)

Affair at work