(©ぱくたそ)

見ず知らずの人たちが裸になって場所を共有する衆浴場で、女装した男が女湯に入って逮捕されるという事件が発生した。この事に、ネット上でも困惑のがあがっている。

■女装して女湯に50分

衆浴場の女湯女装をして侵入したとして、札幌西署が10日にパート従業員の男(50)を建造物侵入の疑いで現行犯逮捕したと読売新聞が報じた。男は10日の午後9時頃、同衆浴場の女湯に侵入し、約50分ほど入浴していた疑いがある。

報道によれば、警察の調べに対して男は「男湯は汚く、女湯のほうが安らぐから」などとと供述しているという。

また、男は身長180センチで太った体で、事件当時はボブカットカツラを着用しており、化粧もしていたとのこと。その場に居た常連客が、男が下半身を隠していることを不審に思い施設側に連絡をして事件が発覚。

男は当初、施設の従業員や駆けつけた警察官に、「女性です」と裏で話していたという。

■「怖すぎる」と驚きの声

報道を受け、ネット上でも困惑や驚きのがあがっている。コメントの中には、50分も入浴していた行為について「よくそんなに長く居続けられたな」「のぼせないの?」といった意見や、施設の管理の甘さを摘するも数多く見られた。

■銭湯が好きな人は…

見ず知らずの人と「裸の付き合い」になる銭湯に嫌悪感を抱く人も少なくないが、世間は銭湯についてどう感じているのだろうか。

しらべぇ編集部が全2060代の男女1,336名に「銭湯」について調したところ、3人に1人が「好き」と回答した。

(©ニュースサイトしらべぇ)

風呂では体験できないような開放感や、風呂サウナなどの設備が親しまれているということだろうか。

施設側の管理体制の問題を含め、多くの人が安心して利用できる銭湯であってほしいと心から祈りたい。

・合わせて読みたい→混浴温泉キター!ひとりでは恥じらってしまう県民を縛る「鉄の掟」とは?

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調期間:2017年4月21日2017年4月24日
:全20代60代の男女1,336名(有効回答数)

女装して女湯に50分入浴した男性が逮捕 まさかの珍事に「怖すぎる」と悲鳴も