手つなぎ

(Manuel-F-O/iStock/Thinkstock)

3回の離婚、ギャンブル癖など破天荒な一面をもつ俳優・六角精児(55)。11日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で過去の過ちについて明かし、話題になっている。

■不倫デート中に義父に遭遇

最初の結婚をしていたときに、妻以外の女性と手をつないで歩いていた六角。すると目の前から妻の父親が歩いてくるという珍事に遭遇した。まさかの出来事に驚いたものの「ここで手を離すと逆にマズイ」と思った六角は、手をつないだまますれ違ったという。その際、義父は六角の顔を見つめたままだったようだ。

いつ妻にバレるかドキドキしていた六角は「指名手配犯の気持ちがわかった」と明かす。そしてその後、離婚が決まったが、その出来事が原因ではなく、あくまでも「僕がクズだったから」と別に理由があったと語った。

さらには「義父は黙っててくれた。僕の秘密をもったまま棺桶に入った」と義父に感謝した六角に、ダウンタウン浜田雅功(54)は「何の話してん!」とツッコミを入れて笑いを誘った。

■語られる話の数々に「クズ」の声

この他にも、55歳にも関わらず貯金がないことや、月に2〜30万円ほどがギャンブル代として消える話などが語られ、ネット上では「クズすぎる」の声が相次いだ。

■4人に1人が「自分はクズ」

自らを「クズ」と自称する六角だが、世間の中にもクズを自覚する人はいるだろう。しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,342名に意識調査を実施したところ、4人に1人が「自分はクズだと思う」と回答した。

(©ニュースサイトしらべぇ)

縁の下の力持ちで主演を支える地味な役割の多い六角だが、素で見せる破天荒な「クズぶり」に惹かれるファンが多いのも事実だ。

・合わせて読みたい→『タラレバ』田中圭が不倫に走った理由が「クズすぎる」と非難殺到

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年9月23日2016年9月26日
対象:全国20~60代の男性1365名(有効回答数)

六角精児、不倫デート中にまさかの相手に遭遇 破天荒ぶりに「クズすぎる」の声も