毎週日曜日8時から放送中の『岡田斗司夫ゼミ』。
 12月31日大晦日に行われた放送では、年越しスペシャルとして「2018年ではなく、さらにその10年後の2028年世界はどうなっているか?」という未来予想が行われました。

 10年後のアイドル、10年後のAmazon、10年後のニコ生と、大胆に予想を行った岡田斗司夫氏。この中で、動画サイトを中心に人気を集め、広告収入を稼ぐ、いわゆる"ユーチューバー"は10年後には生き残れないとの自説をりました。

ー人気記事ー
ジャバに囚われたレイアが"ビキニ姿"になっていたのには、ちゃんとした理由があった【スター・ウォーズ EP6/ジェダイの帰還】

『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ジェダイが崩壊したのはどう考えてもヨーダが悪くない?

すべての写真付きでニュースを読む

10年後の世界では現在のユーチューバーは生き残っていない

岡田
 今年も、ユーチューバーの方々から愉快な不祥事が一杯出てきました。

 例えば、ヒカルくんという人のVALU事件ですね。ネット界のインサイダー取引みたいに言われたんですけども、そんな事件と、それに対する謝罪というのがありました。
 あとは、はじめしゃちょー不倫疑惑とか、その謝罪事件とか、いろんな炎上がありました。

 ただ、そんな中でも、いまだに小学生の「将来なりたい職業ランキング」の上位には、ユーチューバーというのが挙がっています。同様に「これから、まだまだユーチューバーはいける!」と思っている人も、すごく多いと思うんですね。

 現在、ユーチューバーと呼ばれる人には、いろんな人がいます。これが、10年後の世界ではどうなっていうのかというと、、正直、一人として生き残らないと思っています。

 この「人生き残らない」というのは、もちろん、「死んじゃう」という意味ではありません。今のようにお金が入ってきたり、成功したりというふうなことは、ゼロとは言いませんけれども、今現役でいる人達は全て終わってしまい、新しい人がポツポツいるような状態になるんじゃないかと思ってるんです。

自動翻訳が言を破壊する

岡田
 なぜかというと、思ったよりもGoogleの自動翻訳が言を壊しているからなんですね。ピコ太郎世界中でヒットしたように、現に今のYouTubeでも、言と関係のないものであれば、どこのの人が作ったかは関係なく、らは楽しんで見ることが出来るんです。

 例えば、ロシア隕石が落ちてきた映像とかは、昔だったら、日本テレビ局が放送するまで見ることが出来なかったんですけど、らは今やニュースソース映像そのものをツイッターなどを通して見ることができる。そんな時に、「それが元々、どので配信されたのか?」っていうのは、あまり関係がないですよね?

 それと同じように、ピコ太郎のような、言に関係がないような芸であれば、世界中の人が楽しめてしまう。

ピコ太郎氏のビデオ引用したジャスティン・ビーバー氏のツイート。全世界で起きた大きなブームのきっかけのひとつとなった。

 そして、この自動翻訳の技術というのが驚くべき速さ進化しています。今はまだ、「iPhoneみたいなものに喋りかければ、1後か2後くらいに翻訳を言う」というくらいの性なんですけど、そろそろ、ついに自然に対応が出来るようになってきている。

 今年から日本でも発売されて、来年には普及されるであろうAmazonの"Echo"とか、スマートスピーカーなどがありますよね? あれが普及することで何が起こるのかというと膨大な言データが蓄積されることになるんですね。

 庭に置いてあるスピーカーに向かって「コカ・コーラを注文して」と喋りかけると、Amazonからコカ・コーラが届くというのがAmazon Echoの機なんですけども、これが何のための物なのかというと、通販だけでなく、「個人個人がどのように日本語を喋るのか?」というデータ蓄積を的としているんですね。

 (「つまり、英語を勉強しなくてよくなるのか!?」というコメントを受けて)いや、本当にその通りなんですよ。

30年後の未来では人は他人と会話をすることがなくなる?

岡田
 たぶん、将来的に、らが英語を勉強する理由というのは、「英語的な思考法を知るため」というだけになるんですね。

 いわゆる「女心がわかる」とか「男心がわかる」のと同じように、「アメリカ人心がわかる」、「イタリア人心がわかる」と、それだけの理由になっちゃうんですよ。らが、女言葉を学ばなくても女の子と話が出来るように、英語を学ばなくともアメリカ人と話すことが当たり前のようになると思います。

 だからといって、アメリカ心がわかるようになるかというと、それはらが日本語を流暢に話せても女心がわかるわけではないのと同じように、「アメリカ心はわからん!」「イギリス心はわからん!」という問題は相変わらず残ります。

 これをするようになるのは、10年ではなく、おそらく20年から30年の期間が必要でしょう。それくらいのスパンで考えれば、"パーソナルエージェント"というのが個人個人に配属されることによって、そういう問題が解決されると思っているんですけど。

 これは、まあ、2030年後の予想ですから、細かいことは将来に置いておきましょう。とりあえず、「個人個人のコンシェルジュみたいなものだ」と思ってください。

 「他人と喋る」などというストレスフルなことを、もう30年後くらいの人間はやらなくなるんですよ。

 他人に伝えたい事がある場合は、全て、話しやすいようにまず自分のパーソナルアシスタントに言うと。するとそのパーソナルアシスタントが相手のパーソナルアシスタントに話して、その相手のパーソナルアシスタントが伝えたい対の人にわかりやすく説明してくれる、というふうになるのだと思います。

 執事を介しての話し合いと言うんでしょうかね? 「まずは営業マンを通しての話し合いで、トップ同士が話すのは最後」みたいな。20年後、30年後は、そういうふうになるんだとは思っているんですけども。

岡田
 とりあえず、10年くらいの範囲で考えると、言によるというのが、次第に溶けてなくなっていく。たぶん、「全に溶ける」ということはないんですよ。マイナーな言なんかは、なかなか溶けていかないんでしょうけども。

 10年後の時代に、日本語がどれくらいメジャーかと言うと、「1億人程度にしか話されていない」という不利さはあるんですが、「豊富なコンテンツがある」という有利さもあるんですよね。

 おそらく、その頃の日本人は、「漫画アニメをやってて良かった!」とか「アイドルソングをやってて良かった!」としみじみ実感することになると思います(笑)。というのも、そういった"強いコンテンツ"をあまり持っていないというのは、なかなか翻訳されにくいと思うんですね。

 たぶん、スウェーデン語とかそういう言は、自然翻訳という世界では遅れていくと思うんですよ。なぜなら、みんなが理解したいと思わないから。「スウェーデン心」あまりわかりたいと思わないからですね。

次のページ »結局どうなる? ユーチューバー