心霊スポットをめぐるツアー人気を集めたり、幽霊が出るという噂の物件は値上がりしたりするなど、世界的にも「オカルト好き」として知られるイギリス人。

見えないものの存在を肯定するイギリスの文化は「不思議の国のアリス」や「ハリーポッター」、「指輪物語」など、世界的に有名なファンタジーを生む土壌となってきました。

そんな民性を反映してか、イギリスには日本では考えられないようなスポットが存在します。

そのひとつが、ロンドンへそトラファルガー広場に面したところにある「カフェイン・ザ・クリプト(Cafe in the Crypt)」。

クリプト(Crypt)」とは、ギリシア語の「kryptos(隠れた場所の意)」がで、教会の地下や半地下に設けられた部屋(地下堂)をします。死者を安置するための間や納所として利用されるのが普通で、人や職者、あるいは一般の人々のや遺物が納められています。

ここ「カフェイン・ザ・クリプト」は、その名の通り、かつて墓所だった場所を装したカフェ

18世紀に建てられたセント・マーティン・イン・ザ・フィール教会の地下に位置し、ナショナルギャラリーナショナル・ポートレート・ギャラリーからと鼻の先という、観光の合間にも立ち寄りやすい絶好の立地のロケーションです。

カフェへは、教会に入らずに専用のガラスりの入口からアクセスすることが可

階段を下りていくと、モダンな入口とは打って変わって、年季を感じさせる石造りの間が広がります。レンガが露出したほの暗い店内は、ムード満点というべきか、ちょっと不気味というべきか・・・

カフェセルサービス形式で、セット朝食メニューペストリー、11時半以降は日替わりのメインディッシュが登場し、きちんとした食事も可。もちろん飲み物やスイーツだけでも利用できます。

日替わりのメインディッシュは9ポンド程度からと、ロンドン中心部としてはリーズナブルな価格。近隣で働くビジネスマンたちにも重宝されているようです。

こうして見ると、ちょっと薄暗いことを除けばまったく普通カジュアルカフェのような感じがしますが、床にをやるとそこかしこに墓碑が残っています。

しかも、「ここには〇歳で亡くなった○○(故人の名前)が眠っています」という情報つき。なかには6歳や35歳といった若さで亡くなった人もいて、墓碑に刻まれた文言を見ていると、若干いたたまれなくなることも。

カフェテーブルイスの下にもやはり墓碑が・・・

墓碑の上で談笑したり、お茶や食事をしたりするなんて日本人の感覚では考えられないことですが、イギリス人にとっては特段驚くべきことでもない様子。床にある墓碑に気を留めるそぶりさえ見せず、当たり前のように、普通カフェとして利用しています。

墓碑を踏みつけにするなんて日本人なら「祟られそう」あるいは「不気味」「不吉」などと思ってしまうところですが、イギリス人はお墓というものにそれほどエモーショナルな感覚を抱いていないのかもしれません。

イギリスでは墓碑の上に座ったり歩いたりしたからといって、祟られる心配をする必要はないようです。

墓所をカフェにしてしまうなんて、日本人にとってはびっくり仰の発想ですが、ところ変われば文化や価値観も変わるというもの。「カフェイン・ザ・クリプト」には、イギリス人のある意味での死者に対する親近感や、良い意味でドライさが表れているように感じられます。

ロンドンのどん中で、日本では考えられないユニークカフェ体験はいかがでしょうか。

名前 カフェイン・ザ・クリプト(Cafe in the Crypt
住所 Trafalgar Square, London WC2N 4JJ, England
公式HP http://www.stmartin-in-the-fields.org/cafe-in-the-crypt/

【世界のカフェ】幽霊に出会える!?ロンドンのど真ん中にある、かつて墓地だったカフェ「カフェ・イン・ザ・クリプト」