公式球より軽いトレーニングボールで驚異の数字を計時

 メジャーではキャンプインまで残すところ約1か2018年の本格的スタートを前に各地でメジャーリーガーが自トレを続けているが、そんな中で衝撃のニュースが飛び込んできた。なんと昨季まで均時速93イル(約150キロ)ほどだった投手が、驚異の116.9マイル(約188キロ)を計時したというのだ。だが、通常とは少し様子が違うようで…。MLB公式サイトの人気動画コーナー「Cut4」が伝えている。

 人技を成し遂げたのは、インディアンス右腕のトレバーバウアーだ。2012年ダイヤモンドバックスデビュー。翌年に移籍したインディアンスで開した26歳は、昨季キャリアハイ17勝(9敗)を挙げ、チームの地区優勝に大きく貢献した。通常は均時速150キロくらいの速球を投げるバウアーが、どうやって188キロを記録したのか。それは5オンス(約141.7グラム)のメジャー公式球より軽い3オンス(85ラム)のボールを使ったハードトレーニングの中でだった。

 助走をつけながら標に向かって思い切りボールを投げ込んだバウアーの体は、球がから離れると同時に前方へ半回転するほどの強な勢いをボールに乗せた。すると、球速はまさかの「116.9マイル」を計時。記事によれば、バウアーがトレーニングを積む施設での最速記録だったという。

 昨オフに同じトレーニング110イル(約177キロ)を叩き出したホワイトソックスの有望マイケル・コペックは、公式球でも頻繁に100イル(約161キロ)に達している。となれば、今季バウアーの球速が上がる可性も…。メジャー7年を迎える右腕がどう変化するのか、注だ。(Full-Count編集部)

インディアンスのトレバー・バウアー【写真:Getty Images】