バラエティ番組「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)の人気企画ゴチになります!」で、19年間レギュラーを守り抜くも、昨年の最終戦でついに初のクビが決定したTOKIO国分太一

 同企画の第1回放送から出演し続けた“Mr.ゴチ”が姿を消すことになり、多くの視聴者が衝撃を受けていたようだが、逆に国分のクビを喜ぶも多数見受けられた。そういったをあげる中には、国分に若手ジャニーズの出演を願うジャニーズファンや、ただ単に国分が苦手なアンチ視聴者もいるようだ。

「先25日に放送された国分会を務める情報番組『ビビット』(TBS系)で、V6岡田准一が宮崎あおい結婚したニュースを扱った際、岡田から結婚の報告を受けていなかった国分は『ネットで知ったよ。岡田、番号知ってるじゃん』と恨み節全開のコメントを披露。最終的には『ぜひ、メールください。おめでとう』と締めくくったが、その日も岡田からの連絡がなかったため、翌26日の放送でも『できてないヤツですよ! 准一』と再び岡田へのクレームをぶつけていました。これには視聴者も大不評で『こういう先輩は面倒だわ』『単に人望がないだけだろ』などとネットで言われたい放題でした」(エンタメライター

 国分が敬遠され始めた理由には、TOKIOの冠番組「ザ!鉄腕!DASH!!」の影もあるという。

「同番組はTOKIOの好感度を支える大きな要因となっていますが、国分は大した活躍を見せていない。にもかかわらず先10日放送回では、大きな戦である山口達也DASHのロケに不在だったことに対して、城島茂松岡昌宏が『山口さんがいたら…』と嘆いていると、国分は『そのさ~山口さんがいないと俺ら何もできないみたいなのやめない? オレら多分できるよ、ちゃんと』と。すると松岡から『いや、一ついいですか? お前が一番できねえよ』と釘を刺されていましたからね。視聴者もよくツッコんでくれたと松岡に拍手采だったようです」(前出・エンタメライター

 事ほど左様に、最近の発言が回る国分ジャニーズファンに疎んじられる存在といえば、“帝王近藤真彦が思い浮かぶが、現在国分の立場はさながら「2代目マッチ」なのかもしれない。ただ、近藤後輩たちに慕われていると言われるだけに、その点は国分と大きく違うようだが。

佐伯シンジ

アサジョ