イラストレーターとおぼしき『Twitterユーザーによる

世界一やっちゃいけない DVDパッケージ!!」

というつぶやきが話題を読んでいる。

男性が荒野に埋もれた自由女神像を前にうなだれている件のパッケージ映画猿の惑星1968年)の2005年日本DVDのもの。

猿の惑星』と言えばフランスの大作家ピエール・ブールの同名の小説原作ヒット作。

文明社会戦争に対するアンチテーゼ役、チャールトン・ヘストンの好演により1960年代を代表する名作として多くの人に記憶された。

そしてこのパッケージに描かれたシーンこそが、が人間を支配する惑星に不時着した宇宙飛行士が、紆余曲折の末にその惑星こそが戦争によって人間文明が崩壊した未来地球だったということを悟る有名すぎるラストシーンなのだ。

推理小説に置き換えれば、犯人の名前が表に書いてあるくらいの暴挙と言えよう。

いくら有名なシーンだからと言って、初めて観る若い人もいるのだからパッケージを手にした時点でオチがわかってしまうのはいかがなものか

というこのつぶやきに対して現在1月13日11時)のところ、

普段、若い人たちと接していない、若者文化を理解して居ない人たちの徴ですね。皆が見て、結末知っていると思ってるだろうけど、今の30代以下の人は、猿の惑星も、2001年も、全く見たことい人がほとんどですから、それを想像出来ない、ということは、クリエーター失格です。

結末がわからないと観ない人を視できないんでしょうね。わたしはこのパッケージやだけど。

1977年開『幸福の黄色いハンカチ』のポスターの例を挙げ)同じような思いっきネタバレスター山田洋次監督は、映画オチが大事なんじなんじゃないんだ、そこまでのドラマが重要だというようなことを言っていました。それを聞いて以来、ネタバレを気にしなくなりました。猿の惑星ミステリーはちょっと違うかもだけど。

などさまざまな度から20件以上のコメントが寄せられている。

映画DVDの場合、パッケージデザインは商品としても芸術作品としても重要な要素だが、デザインに対して映画ファンがどういった感想を持つのか、どういったデザインがより売れるのかというところまで考えると、たしかに一概には断定しづらい。

読者はどうお考えになるだろうか。

※画像は『Twitter』から引用しました
https://twitter.com/ukatujyu/status/951140482259677185 [リンク]

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信
(執筆者: 中将タカノリ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』