鹿島アントラーズは13日、DF三竿雄斗の入籍と第一子誕生を発表した。

 三竿はクラブ公式HPを通じてコメントを発表。今後への意気込みを述べている。

「私事ではありますが、かねてよりお付き合いしていた女性と昨年6月に入籍し、12月に第一子の男の子が誕生しました。守るべき家族ができたので、より一層の責任を持ってチームに貢献できるよう、日々努力していきたいと思います」

 三竿は現在26歳。2014年湘南ベルマーレへ加入し、プロキャリアをスタートさせた。プロ1年目から定位置をつかむと、2017年には鹿島へ完全移籍。同年の明治安田生命J1リーグは2試合出場0得点だった。チームメイト日本代表MF三竿健斗は実の弟にあたる。

鹿島DF三竿雄斗が入籍と第一子誕生を発表している [写真]=Getty Images